読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせなバカタレ。

帰って来ましたよ、おめおめと。
尻尾をまいて逃げ出したのに、帰国です。
とりあえずこの家で、また明日から生活が始まります。
とにかく、生きて生きて生きるのだ。

イスタンブールからの帰りはスムーズでした。
帰りの飛行機で観たい映画を後回しにしてたら、結局寝ちゃったりして観れなかった。実に自分らしい。
優先順位を間違えないようにしないとね。
いつだって大事なものは一番にしとかないと。

空港には迎えに来て欲しい人は来なかったし、迎えに来るって言ってた人も交通費がもったいないって言って来なかったから、ベドウィン風の格好で一人で家に帰った。空港警察に職質的なものをされたので、まぁいちようのオチは付いたのでよしとする。誰に向けての何のオチなのかはわからない。何がしたいんだろうね、本当に。

トルコの夜の街をバスで走っていると、ふと、自分か面白くないからいけないんだと思った。もっともっと、泥にまみれてどんな汚い手でも使って、自分を擦り減らして自分の人生を人質にして、死に物狂いに必死こいて、そういう風にやっていかないと何も変わらないんだろうな、と思いました。

一ヶ月振りに乗ったバイクは、バッテリーが上がっていて動かなかった。まぁ、そんなもんだね。明日JAFを呼ぼう。

やっと監督失格を観た。すごい映画だった。
ただただ圧倒された。何も言えない。

こういう時、エモいって言えば楽なんだろうけどね。
エモいって表現がどうも好きじゃない。
これって逃げじゃないの。こんな一言で済ましていいの。
お前の今感じてるその言葉にならない感情はエモいの三文字で本当に表現できてるの。それで本当に伝わるの。お前のその言葉にならない感情をなんとか表現しようしろよ。諦めんなよ。何とか伝えようとして言葉が溢れて、それでもちゃんと言葉にできなくて伝わんなくて、その伝わらないもどかしさも含めてエモいんじゃないの。なんなの最初っからエモいって。たった三文字で済ますなよ。浅いわ薄いわしょーもないわ。エモいの一言で終わらさずにあんたがどう感じたかをちゃんとあんたの言葉で聞きたいわ。全っ然うまく言えてない、あんたの下手くそな言い回しを聞きたいわ。まぁ個人的にだけど。はいはいエモいエモい。

家に帰ったら、友達からの手紙が届いていた。
会社の茶封筒(社名はマジックで塗りつぶしている)に入った、印刷された手紙が入っていた。お前は役所か。
全っ然意味がわかんない。
前に貰った手紙は無地の茶封筒に無地の普通の便箋に手書きで、その時に確か可愛い封筒探してるとか言ってたと思うのに、なんで前より可愛くなくなってるの。
ホントに意味わかんない。
あと、何故か同封されてたのど飴が大して美味しくなかったのも地味にポイントが高い。
本当にこいつ最高だと思う。愛してる。ほんと愛してる。

あと、もうこいつとは連絡取ることもないんだろうなって思ってたヤツから電話がかかってきた。すげー久々。
ブロックされてたと思ってたのは勘違いだったみたい。
ってことは、あいつもこいつも他の人たちもブロックされたと思ってたのは勘違いかもってテンション上がったけど落ち着け違う違う。勘違いじゃない、傷を深めるな。
ともあれ久々に話して、変わっていない相手に安心する。

手紙や電話が来て本当に嬉しかったです。一ヶ月振りに台所の戸棚を開けたらゴキブリ達がうわぁお久しぶりですって顔してたの吹き飛ばすくらい嬉しかったです。

外が明るくなってきました。
時差がないってのはいいですね。
僕も夜明けで。あなたも夜明けで。
おはようって言ったらおはようって返して。
全然眠くないんだけどね。これが時差ボケか。
とりあえず寝ようとします。
寝れなかったらおはスタまで起きてます。
では、おやすみおはよう。