読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の立秋。

今日は、少し朝寝坊をした。
いつもはスパッと起きれるのだが今日は寝ていたかった。
昨日買ったタオルケットが気持ち良いせいかもしれない。
土曜日は古紙回収の日なので、先日まとめた分を出す。
階段で4階まで往復するのはしんどい。
あと、紙は重い。ビニールテープが手に食い込む。
部屋がだいぶんと片付いてすっきりする。
毎年使ってるほぼ日手帳も2006年くらいから全部あった。
毎日書いてたから読み返すときっとここ10年くらいの心境の変化が丸分かりで面白いのだけれど、逆にここまで揃ってるからこそ捨てやすい。今の私より昔の私の方が面白いなんて認めたらそれで全部おしまい。
仕事関係のものもだいたい捨てた。すっきり。

夕方、激しい雷雨があった。慌てて窓を閉める。
もう一、二年会ってない気もする友達とご飯に行く予定が雨で流れる。雨でも会えないわけじゃないけど、お互いなんとなくめんどくさくなってしまった感じ。
もう5回くらい遊ぶ予定が流れてる気がするけど、それでも挫けずまた誘って懲りずに流れたりするのはそれはそれで楽しい。焦らしプレイ的なやつなんかね。

夜。予定が流れたので一人でご飯を食べに行く。
ハムカツが食べたくなったので宮本むなしへ。
ハムカツってなんとか揚げ物の仲間に入ろうとしている感じがいじらしくて好き。可愛く思える。
そのまま食べても美味しいし、ソースでも醤油でも、多分塩でも美味しいから、ハムカツってすごい。やるやん。
ところでむなしの昭和のハムカツ定食って名前あんまりしっくりきてないんだけどどーなの。昭和末期生まれだけど、もっと昔はハムカツが立派なおかずとして定食のメイン張ってたってことなのかね。

ご飯が好きだ。
家ではご飯は食べないので、よそで食べると嬉しい。
ご飯が美味しくない、とかも特に感じたこともないので、幸せな舌をしているのだろう。日本の米は美味しい。
食欲がなかったはずだけど結局お茶碗3杯も食べた。
食欲もきっとやる気みたいなもので、食べだすと出てくる、みたいな仕組みなのかもしれない。知らんけど。
食事の時に、全体を見ておかずとご飯をペースを考えながら食べて、ちゃんと綺麗にバランスよく食べ終わるのが好き。
最後におかずを一口食べて、ご飯を一口食べて、お味噌汁を飲んで、それで綺麗に全て食べ終わると気持ち良い。
それでお茶を飲んで一息付く。
何事もマネジメント。
ご飯とおかずの計画的な運用。お食事も計画的に。

しかし夏のせいか年のせいか、食欲が落ちている。
私ももう30代だから、昔ほどは食べれないのだろう。
当たり前のことだけれど少し寂しい。
これからの人生、きっと食べる量はどんどん減っていくのだろう、そしてそのうち量より質を求め出すのだろう。
人にどう思われているかは知らないけれど、私は私のことを大食いキャラだと認識しているので、あまり食べたい自分を自分で認められなくて無理をして食べてしまうことが多い。
そろそろこういうのはやめようと思う。
私もいっぱしの大人みたいな顔をして、そんなに量が多くない美味しいごはん屋さんに行く日が来るのかもしれない。
とりあえず、夏のうちに痩せようと思います。

テレビでテニスのシティオープンを流しながらこの文章を書いていたのだけれど、実況が不快でチャンネルを変える。
テレビに求めることは不快じゃない、ことくらい。
それでも習慣として、テレビは点けている。

一人称を変えると文章の空気が変わって楽しい。
私は、今日も元気です。