読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波の数だけ抱きしめて。

やってましてね。うっかり観てしまいましてね。
いやぁいやいや、最高じゃないすか。
1982の茅ヶ崎の青春ラブストーリー。
出かける予定が台無しになってしまったじゃないか。
とにかくね、おださん。おださんがかっこよいの。
可愛くてかっこよくてね、ほんまベストガイやわ。
おださんのふてくされた演技超好きなんだけど。
流れてるユーミンの音楽もよいよね。
なんか、バブル期の大学生の青春が眩しかった。
まぁ、みんながみんなあんな青春でもないんだろけど。
映画はほんとすごくよい出来。
2時間も無い映画なのにしっかりキャラクターが描かれていてすごいね。みんな愛すべき人物だし。
ホイチョイ三部作チェックせねばな、と思いました。

しかしまぁ私は30歳ですが、まだまだ青春しとるでね。
土日はあちこち行きましたよ。
ちっとも運転してねーや、ほんと申し訳。
ペーパードライバー脱出せねばな。
とりあえず、高知のカツオがすげー美味かったよ。
あと、子供たちがすげー可愛かった。
子供たちと仲良くなって遊んでたんだけど、私のことをすっごいボロクソに言ってくるんだけど、別れ際に誰にも言わんといてねって前置きされて、小声でまた遊んでなって言われたんだけどなにこれ可愛すぎかよほんと天使。で、離れるとまたあかんべーとかしてくるの。なにあれほんと可愛すぎるんだけど。ちょっと席離してたらすげー探されてて、どこにも行ったらあかんって怒られたよね。最高だわ。子供と遊ぶのすっごい好きだし、次会えるかどうかも分からないにまた遊ぼうって信じてるとこと、案外すぐ忘れちゃって意外と大人の方が覚えるのとかがすごい好き。意外とまぁ、そーゆー裏切りみたいなものになれちゃうのが原因なんだろうけど。

高知の風呂屋の番台にいた猫がすごい素敵だった。
綺麗で穏やかに寝ていて。
14歳だというその猫を撫でると、やっぱり14年間生きてたことが手触りでよく分かって、彼(もしくは彼女)の重ねてきた年月に尊敬を覚えた。ご立派な猫さんだった。

明日から9月ですね。
夜風は涼しくて、過ごしやすいけど、やっぱり夏の終わりは寂しいですな。残りの花火でもしようかしらね。
しかしまぁ、明日が8月32日かもしれないし、明日の朝、日めくりカレンダーをめくるのを楽しみにしときましょう。
天気が悪くなるのはやだね。
今日は今年初めて冷麦を食べました。
太さが変わるだけで新鮮。そして食べ応えがある。
残暑はぼちぼち冷麦を食べて過ごします。
まだまだ私の夏休みは続くのです。