読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜に負ける、朝にも負ける。

土日は書けなかったのも致し方ない、みたいな日々でした。
なんか、ちょろっと書いてお茶を濁す気分にもなれなかったんですよね。それでいいやって思える日もあるんですけど。
今日は書かないといけませんよ、今日は。
月曜だもの。月曜ですもの。
書かないと。書かんとね。しゃらしゃらと。

で、ここで寝落ち。
眠かったから15分寝て、そんでもう5分寝たのが敗因。

とりあえず、気持ちを切り替えて書こう。
今日がもう始まりました。日が昇ったし日付も変わった。
朝からなんやかんやって感じです。なんやかんや。

最近は夜に文章を書くより昼に書く方が好きな気がする。
最近おひるまは過ごしやすい気温でよいやね。

違う違う違う違う。
こんなことが書きたかったわけじゃない(どんなことが書きたいかなんてもうとっくにわからない)

とりあえず最近の好きなもの。
なんだか昨日ケータイが不調で使えなくなって(電波がずっと検索中になった)で、慌てふためいて前のiPhone5にSIMぶっこんで事なきを得てたんだけど、iPhone5の素敵くないですかね。iPhone6+が大き過ぎるのはずっと気になってたんだけどiPhone5って手に馴染むし最高じゃね?って思い始めました。指紋認証が無いのは寂しいけど、iPhone5sにすると色がブラックじゃなくてスペースグレイになるのがなーちょっとなー、って感じです。ケースなしのiPhone5を裸で持つのが最高にクールなんじゃね?という結論に至りつつあります。もう少しiPhone5を使いやすく調整したら、iPhone6+はお家用になるかもしれやんですね。まぁほんとどうでもいい話。

好きなものに対しては饒舌でそれ以外には無関心。
実にオタクらしくて実によろしい。
なんかもうなんかもうなんかもうなんかもう。
この言葉にならない衝動を、なんとか言葉にすることで自分で噛み砕くために、それでも今日も書き続けるのです。

もっと本を。もっと本を読まんといけんね。
今日は昼から出掛けるし、明日は朝から出掛けるから。
ちょっと小綺麗な格好をしよう。
なんなら明日、お気に入りの帽子をおろそうかしら。
とにかく私は私をご機嫌に保つことだけを考えないといけないし、それができないなら生き抜いていけないのだ、的なことを人に偉そうな顔をして語ったので、頑張らないといけない。
一人称を私って書いたことの温度感が好きだし、でも僕って書いた時が多分一番自然だし、俺って書いた方が勢いがある気がする。

とりあえず、僕にもひげをなぜる的なパンチラインが欲しいなと、見つけねばいけんなと、手に入れないといけないなとひとりごちながらひげをなぜました。