読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キルフェボンのタルトを食べた。

もうすぐ1時。

24時までに(日付が変わるまでに)書こうと思って時間に追われたりしてるんだけど、いっそ過ぎてしまえばすっきり清々しい。

自分で自分を縛るなんて馬鹿みたい。

もっともっと自分を自由に解放してあげんとね。

 

今日も面接に行った。

良くも悪くもどんどんあらゆることに慣れてしまう僕らは、大事な本命の面接の二時間前まで何の準備もせずに布団の中で丸まっていられるのだ(それはそれで強さと言えるのかもしれないのだけれど)

時間ギリギリにも関わらず自分の中ではベストを尽くしたのでこれで落ちたらもうそれはそれでご縁が無かったって話だよね。やりきった感しか無いわ。

就活で病む人たちの気持ちがわからん。

就活なんてどれだけ自分を高値で売り抜けれられるかゲームなのにね。

きっと就活で病む人たちは自分の無価値さに気付きたくないのでしょうね、きっと。

どうせいつかはそこに向き合わなければならない時はくるのだから、早めに開き直れたほうが生きやすいのにね。諦めるってことは明らかにするってことだからね。

 

まぁ結局個人の価値は希少価値でしかないということにまぁ間違いではなくて、人と違うことをすることで自分の価値を見出そうとすることもまぁ妥当な発想で、その人と違うことに対しての考えが浅すぎるからクッソ寒いんですけどね。ほんとに。

 

すごくどうでもよいのだけれど、ウチの360様がRRoDにぽっくり逝かれてしまいましたが、絶望にくれて数時間後に電源を入れたら何事もなかったかのように起動しました。

死の淵から奇跡の生還。360はNDRの夢を見るか。

もうしばらくはゾンビを撃ち殺す仕事に専念できそうだ(バイオ5のマジニはもうゾンビでもなんでもないよね、まぁゾンビじゃなくてマジニなんだけど)

 

本当はもう少し乾いて冷たい文章を書きたいのだけれど、書けないものはしょうがない。たいていのことはしょうがないよね。これも慣れ。

 

なんだか今日は日が暮れると急に冷えて、暖房があまり好きではない僕はずっと布団にくるまっていて、布団にくるまっていると眠くなってくるし寒いから外には出る気がしないし、きっとこの怠惰の延長の先に冬眠があったのだ、と思えた。

働き者のアリさんは凍えて死んで、怠け者のキリギリスは寝て過ごしたのだ。

新しく引っ越す家が寒くないといいな、と思う。

 

そろそろ12月だし、いろんなことを予約せねばいかんな、と、ようやく思い始めた。

スターウォーズとか、クリスマスケーキとか、madogatari展とかね。

いちようクリトリック・リスのワンマンの予約だけは済ませときました。

僕の優先順位なんて所詮その程度です。

 

汚い言葉を飲み込んで今日も寝ます。おやすみなさい。