読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木曜日。

例えば何か気分を害するような出来事が起こったとして、そのせいでもう文章なんて書く気しねーや、や〜んぺやんぺ〜ってなるのはすごく簡単で、というか至極当たり前だとも思うのだけど、んじゃお前が書きたい文章ってその程度のものなの?その程度の出来事に妨害されちゃうくらいなの?って話ですね。ペンは何よりも強いということを証明しないといけない。僕の右手の親指は何物にも屈さないということを証明する為に僕は右手の親指を今朝も元気にフリックフリックしないといけない。

乗換。

最近乗換の駅でミックスジュースを売っていることに気付いた。150円。で、美味しい。210円でスペシャルミックスジュースも売っているらしいので、なんかちょっと気分が大きい時に買ってみようと思う。
なんで通勤電車で文章を書いているのかって読む本が無いからで、行きも帰りも電車の中で本を読むと2日で一冊は読んでしまうので(本を長持ちさせる為にできるだけ帰りの電車では本を読まないようにしている)、本を消費するスピードに買い足すスピードが追い付いていない。由々しき事態ですよ、これは。仕事帰りに古本屋に寄って帰るのにも限界があるので、そろそろネットで注文もしようかと思う。ネットは広大だわ、あらゆる本が買えるしね。
同じ本を繰り返し読むのが本当は好きなんだけど、今はただ消費したい気分なのです。朝の通勤電車に求めているものは、時間を忘れさせてくれる未だ見ぬ物語なのです。お気に入りの本を読み返すのは、僕の中では休日とか旅先ですることなのです。なので僕が求めているものはただただ消費!消費!なのです。

今日も天気は良いもので、しかしまぁ寒いのか暖かいのか、まだ冬なのかもう春なのか全然わからないことですなぁ、といった気分です。それでも日々は続いていきます。ペーパードライバーだった僕が社用車で毎日走り回る日々が始まりそうです。

最近は僕といっしょとグミチョコレートパインが面白かったです。古谷実オーケンもダメ人間に優しいとこが実に良いです。ダメ人間だから誰からも優しくされない人はフィクションに逃げればいいと思う。フィクションはフィクションだからちゃーんと受け止めてくれるしね。
あと、デデデデ4巻を買いました。Tシャツが付いてない方を買いました。束の間の平和がまだ続いていてなによりです。おんたんと門出が可愛くてなによりです。おんたんと門出をただただ愛でるだけの職業があれば転職も辞さない構えです。心当たりがある方はご一報をお待ちしています。かしこ。