読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も懲りずにメンヘラブログ芸。

書きたい気持ちがすごくありました。

書きたいことは一つもないのにね。とにかく書きたい気持ちだけで書くことにしましょう。だからこれはひょっとしたら一番純粋な文章なのかもしれない。

 

鞄に文庫本を詰めて家を出たけど、結局読まずに帰りの電車に揺られている。

最近は行きの電車は寝てしまうことが多い。眠気に打ち勝つほどの本をストックできていないのが原因ですね。アヒルと鴨のコインロッカー読むくらいなら寝てた方がマシだわ、みたいな(今日は特に好きでもない伊坂を持って家を出た)。

もっと、偏愛をしましょう。

あなた方がどう思おうが私はすごく好きです、みたいな生き方をしよう。言葉なんてものは好きなものの為だけに語られるべきである。嫌いなものの為に言葉を、思考を、時間を使う人はなんなのかね。暇なの、リソースが無限なの、修行かなにかなの。生を謳歌することに全力を尽くすことで、命はより輝くのです。時には命を、大切なものを粗末に扱えば扱うほど輝くこともありますが、ともかく私は生を謳歌したいのです。よし、明日から飯田譲治のNIGET HEADを読もう。

 

バイクの調子が悪い、のはどうでもいいのだけれど、天気が悪いのはどうも頂けない。雨が降るとバイクに乗れない訳ではないのですが、雨に濡れてまでバイクに乗りたくはないのです。結局のところね。

この時期の夜のバイクは気持ち良くて、音楽でも聴きながら乗ってたらどこかまで走って行って、そのまま消えてしまいたくなりますね(メンヘラぽさ!)。僕のバイクのポケット的な部分には非常用のレッドブルが詰まってるので、何かがあっても少しだけ大丈夫な気がします。防災グッズとか、そういう非常に備えるやつって基本的にワクワクしてしまいますよね、いやほんとお前って話ですけど。秘密基地とか非常用の脱出口とか、基本的に男子はテンション上がるんじゃないですかね。こんなこともあるかと思って!って言いたいだけのやつ。言わなくて済むなら、それが一番良いですね。

 

本当に僕が書きたいのはこんな文章なんかじゃないのですが、それでも僕が書けるのはこんな文章だけなのです。なにかの拍子にすごく自分の求めていた文章を書けることがあるかもしれませんので、今日も私は書くのです(自分の文章が嫌いな訳ではないのだけれど)

 

そういえば昨日帰宅してテレビを付けたらかわんごが出ていて、かわんごやーん!?ってすごいテンション上がりました。あの人ほんと好き。悲観的なことを笑顔で話すのが実によいです。

確かその番組は人工知能についての番組で、人工知能に音楽を作らせている研究者が自分の好みにぴったりな誰も聞いたことの無いような音楽が聴きたいと言ってたので、すごくロマンチックなことをしているな、と思いました。僕の自分の文章力というある種のブラックボックスに材料を放り込んで、自分の為の最高の文章が生み出されることを望んでいます。この作業は繰り返せば繰り返すほどにブラックボックスが解明されて予想外のものが生み出される確率が減ってきますね。いずれ行き詰まるまでは、それなりにこれは楽しい遊びです。

 

少しだけ楽しみなこととか、わりと楽しみなこととか、まぁなんやいろいろが待ち構えていますので、とりあえずは全力で挑もうと思います。自分にしか残せない何かを残せれば、それはもう優勝ってことでいいんじゃないですかね。

 

私にできることは私が好きなものを私がどれだけ好きかを伝えることだと思うので、こないだ改めて見た秒速5センチメートルTHE NEXT GENERATION パトレイバー について熱く書き殴ろうかと思ったのですが、基本的に愛情がいきすぎてずっと笑顔で悪口を嬉しそうに言っている状態になるので、文章にするとただの全力disになりそうなので止めます(本当は長くなりそうなので面倒になった)

 

帰りの電車でこれを書いているのですが、いつも朝同じ電車に乗り込むオッさん(同じ席に座ろうとして1度舌打ちをされた)が目の前に居るので、おいおい帰りも同じかよというただそれだけの気持ちです。

基本的には助けを求めたらそこでおしまいです。

あんたはまだ生きてますか?こちらはなんとかやってます。死ぬまで歯を食いしばって生きましょうぜ。