読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と映画。

さぁ、さくさくっと行きましょう。

時間があまり無いのでとにかく勢いで書きましょう。

とりあえず最近観た映画の感想。

 

HIGH&LOW THE MOVIE。

男前なヤンキー達がひたすらケンカしてる映画。なんかもう最高でしたね。最低でしたけど。良い映画とは観た後に語りたくなる映画である、という観点からすると本当に素晴らしい。その二時間が終わってからも楽しめる作品。エグザイル映画だから敬遠していたのだけれど、ネット上での盛り上がりが気になって観に行ったんだけど、これはエグザイル映画だから良かったってことが観るとよく分かる。お金と力を持ったバカ帝国が真面目に作ったバカ映画だった。アクションシーンが格好良いしアクション以外のシーンはギャグとして十分に成立するレベルなのでとにかくずっと楽しいという体験が訪れます。見終わった後に満足感があるのに映画観た感じがしないのもポイント高い。現代日本が舞台の筈なのに冒頭いきなりスラム街みたいなとこで爆発が起こる時点でもう笑えるし、今までのあらすじみや登場人物紹介みたいなのを立木文彦がナレーションで説明してくれるからどうやら一生懸命ストーリーを追う必要は無さそうだぞって頭の力を抜けるのも良い。映画を観ているうちにどんどん細かいところが気にならなくなってくる、ずっとケンカしてるし。アニメキャラを愛でているとどんどん知能が失われていく現象は体験したことがあるのですが、なるほどヤンキーものでも同じような現象が起こるのですね。なんというかだいたいマッドマックスだった、登場人物のテンションとかだいたい同じだった。あと、琥珀さんが画面に出てくるだけでとにかく笑える。あれもうほんとずるい。「MUGENは仲間を見捨てねえ」って言いたくなる。ちょっとした悪い奇跡みたいな映画。この映画の評判が耳に入って来たのが公開終了間際だったのが惜しまれる。エグザイル好きとバカ映画好きの層の観測範囲がなかなか被らなかったのが原因か。とにかく食わず嫌いは良くないし、自分の知らない面白いものはまだまだ世の中に溢れている。各自アンテナはしっかり張っておくように。

 

君の名は。

見る前から漠然と、これはきっと新海誠の卒業式なんだろうなぁ、というイメージで敬遠してたのですが、自分で見ずになんとなく分かったような顔をしているのはやはりダサい、と思い劇場へ。事前のイメージとだいたい同じ。思ったより新海誠だった。ただ、ずいぶん上手になりましたね、という印象。ファンタジーとしても星を追うよりも上手だし、ラッドの曲の使い方だって秒速の時よりはずいぶんとお上手。まぁ今回楽曲は映画用に作った貰ったんだから、合って当然と言えば当然。ビデオコンテを作ったからなのか、お話としてまぁいつもよりよく出来ていますね、というか上手くごまかしていますね、のような感じ。多くの人が面白いと思ったり感動したりするのだろうけど、ただ僕の心にはあまり引っかからなかったなぁ、という感想。モノローグ多用してたりするのはテンションあがるんだけどね。僕の新海誠の楽しみ方はどれだけこき下ろせるか、みたいな歪んだ愛情を押し付けるスタイルなので、もっと多くの人に素直に愛される方が幸せなのでしょう。老害がやかましくあれこれ言うのは良くない。そういう意味でもやはり君の名は。新海誠の卒業式でした。

 

しかしまぁ、映画としての出来は間違いなく君の名は。の方が良いのに、終わってからのテンションであったり、何を思うか、何を伝えたいか、などで考えると僕はハイローの方が好きなのでハイローはやはりすごい。新海誠はこれから細田守ポジションへ向かうのか。庵野宮崎押井富野あたりの御大様々に比べると狂気が足りんな、つーかあの方々が単にバケモノなんだけど。そんで押井はどっちかっちゃ理性の人か、まぁ詳しくないことにはあまり語らないようにしよう。

 

今日はジムに行く為に急いで文章を書いていたのだけど、それより面白いことがありそうなのでそちらに行くとしましょう。それでは、また。