読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく体調が悪い。

劇的に!もう死ぬ!という程でもないのだけれど、ここしばらく体調が悪い。

重い腰を上げて病院に行ったら胃腸炎でしょうが血液検査もしときますね、ということで血を抜かれたりしました。私は注射がとても苦手なので早く針以外の何かを発明して欲しい。

とにかく毎日大人しくうどんを食べて薬を飲んで過ごしているとわりと体調もマシになったのですが、治ったと思ったところで風邪をひいた。なかなか万全の状態にはほど遠い。

体調が悪いとベースの行動力や気力的なものが低下するので日々のタスクがこなせなくなって、徐々に生活が乱れてくるのがつらい。洗濯機を回しても干すのが面倒だったり布団が敷きっぱなしになっていたり。QOLをできるだけ下げないようにしたい。日々のタスクはパッションではなくシステムでこなすとよい、という話を少し前に聞いたので、もっともっと感情など挟まずに淡々と最小限の労力で処理してきたい。もう2016年も終わるので頑張っている場合ではない。文明とは。

とにかくこのような生活をしている中でも発見はある。うどんを日々食べていて、改めてどん兵衛の美味しさに気付いた。100円200円でもうここまで美味しいのはインスタントうどんとしての完成形ではないかと思った。赤いきつねより圧倒的であった。あと、ゆでうどんより冷凍うどんの方が美味しい。粉末のうどんだしも美味しい。うどんだしにとろろ昆布を入れて強引に旨味を増量するのが力押し感があって楽しい。

とにかくどうも体調が優れないので仕事を辞める決心をしたところ、少し気が楽になった。またしばらくのんびりと過ごそう。

 

昨日は東京。

六本木ヒルズで空想脅威展が来週末まで開催しているので、なんとか間に合って良かった。新宿から六本木への移動で大江戸線がどこから乗ればいいかわからないし(JRの駅と地下鉄が繋がっていない!)朝は寒かったから厚着してきたら歩いていたら暑いしで、もうダメだ、とりあえずパチンコ屋に行ってタクシー代を稼いでタクシーで行こう!となった自分がもう本当にどうかと思う。入場料1800円だけは残しておこうと思いながら最後の1000円札をパチンコ台に入れたのは意味がわからないし、それでまぁ最終的には収支がプラスで終わったのは運が良かっただけだった。しかしまぁ今自分が生きている奇跡に比べると実にありふれた奇跡だし、そういう意味では生きている人が話す言葉はとてつもない生存バイアスが掛かっているのだろうな、と思う。

まぁすったもんだの末六本木ヒルズに辿り着き、展望台に上がって無事空想脅威展に行けたんだけど、なんかもう端的に言って最高だった。

空想脅威展ですが、展示物はガメラ中心で撮影で実際に使われていたものが多く、しかも撮影可能ということで、なんかもう素晴らしすぎかよ空間と化していました(入り口に東京タワーに巣を作ったギャオスが居る!)(もちろん撮影で実際に使われたもの!)(そして!撮影が!可能なのです!!!)とにかく平成ガメラ好きにはたまらない展示でした。ガメラヘッドもG123と並んでいるし、ポスターやグッズや、そしてソルジャーレギオンもイリスも!そしてなにより大きな昭和ガメラとG3ガメラが並んでいて、とにかくそのG3ガメラが格好良すぎてもうほんと俺はだめだ、となりました。興奮で泣きそうになり、気分も悪くなり、なんかもう情緒も体調も不安定な人でした(そういえば体調も本当に悪かった)とにかく怪獣とは格好良くて大きくて強いものでそれだけで十分すぎるほどの素晴らしいものなので、大きなG3ガメラを見上げるという体験がただただ素晴らしかった。どれだけ精巧なフィギュアであっても基本的にそれは小さく、「大きい」という怪獣に一番大切な要素が抜けている(もちろん造形的には素晴らしいのだが)とにかく、自分の大好きな怪獣を見上げる、という体験はもうそれだけで泣きそうになるくらいに感動的な体験なのだ。(私は頭が悪いので大きくて強いものは無条件によいと思ってしまうので、そのような感情を誰かに抱かれているといいのになぁと思う)ちょうど機種変更したばかりのiPhone7で撮影しまくりました。至高のカメラロール。バルタン星人エレキングのクリアファイルと、ガメラ手ぬぐいを買いました。
 
今日は血液検査の結果を貰うついでに風邪を医者に診てもらいました。コレステロールしっかりせーよ、的なことを言われました。病院に行くとちゃんと専門家に診てもらって処方箋を出してもらって薬局で薬を買っても市販の風邪薬を買うのとお値段も殆ど変わらないので(むしろ安かったりする)待ち時間や営業時間や不便なことはあるけれど、やはり自分のわからんことは専門家に任せるべきだなぁ、と思う。
とにかくうどんを食べて薬を飲んで、しっかりと体を休めて、とにかく今日を生き延びようと思います。
 
とっぴんぱらりんのぷぅ。