読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日。

今日は体調不良の為休載です、みたいなことにしとこうかなとも思いましたが、しかしそれでも人生は続く以上、やはり書くしかないのでしょう、となりました。ともかく始めましょう。

 

金曜日、ですが明日もお仕事なので週末感はないのですが、まぁそれでも遊びに行ってやろうかしらとか、明日死ぬかもしれないんだから今日好きなことをしよう、みたいなロジックとしては間違ったいないけど碌でもない感じがすごい感じで生きてます。もういい大人なのにね。せめて碌でもないいい大人が生きた記録を残すことで少しでも付加価値が生まれればいいと思います。付加価値を生み出すのは読む側の方のお仕事ですのでどうぞしっかりこの碌でもない文章の連なりに意味を価値を見出して下さい。

「文章」だと特に価値を感じないのですが「文章の連なり」だと多少の価値を感じやすい気がしますね。そこに一定の文脈が存在する以上、ただの文章ではない意味を持った文章群として存在することができるのかもしれません。まぁどうでもいい。

 

ふと今思い付いたんですけど、基本的に仕事の愚痴って一番面白くない話題じゃないですかね、一番お酒が不味くなる話題じゃないですかね。と書いてみたもののわりと人のそれで楽しめることもありました、一般化するのをやめましょう、同意を得ようとするのをやめましょう。私は仕事の愚痴を言うのが好きではない、と個人的に力強く言い切りましょう。もっと楽しいお話が存在しうると信じているのでしょうね。自分の話をする時に○○なのでしょうね、的な話し方をすることが多く、自分のことでも他人ごと感をすぐ出してしまう(らしい)のですが、どう考えても自分なんて他人だし自分を客観視して人生を楽しめるスキルはわりと有用なのでむしろみなさん身につけましょう、みたいなことを思います。

 

今日はなんか突然気分が悪くなって、それでもネット依存症の私は症状を羅列してググるのですが、まぁほんとそーゆー時にいろいろ出てくるどの情報を信じていいのやら分かりませんね。ネットの情報は基本的に素人が書いているだけのことが多いので、調べてはみるものの、あまり参考にはできないですね。僕は基本的には専門分野のことは素人である私たちはあまり口出しせずにプロに任せるべきだ、と考えており、それがプロフェッショナルに対しての敬意だろうと思っているのですが、そこに関してもなんや考えの違う友達とこないだ飲みながらあーだこーだ話し合ってました。昔ブラックジャックに出てきた娘の病気に関してあーだこーだ口出しする母親(そしてブラックジャックに怒られる)を見てあんな風になりたくないな、と思ったからなのでしょうね、きっと。その話のタイトルがどうも思い出せないです。確かピノコが家具とかを注文しまくってブラックジャックにお金あるでしょ、みたいなことを言って返してこいって怒られて、そんでお金を稼ぐ為に患者を見つけてきたけどその患者は仮病で、お金を貰えなかったけど結局ピアノを買ってもらって寝てる時は静かに弾け、みたいな話だったと思います。ブラックジャックでは「山手線の哲」と「帰ったきたあいつ」が好きです。読み返したくなってきましたね。実家に文庫版が揃っていたはずなんだけどあれどこにいったんでしょうね。そんなこんなで電車は今日も到着です。とっぴんぱらりんのぷぅ。