読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の新宿。

昨日は新宿で過ごしました。私も大人になったもので、新宿をまるで私の町のような顔をして過ごしていたような気がする。久々に夜行バスにも乗った。私は大きい方の人間なので、4列シートだともう本当に無理なので(横の人も迷惑だろう)しかしながら三列独立シートはなかなかに快適だった。コンセントやスリッパやアイマスクやWi-Fiまでついているのでちょっとした個室なので全力で寛いでしまった。とりあえず備え付けのものは全部使いたいのでフットレストとかもちゃんと出して足を置いていたけど、僕くらいの身長だとフットレストは出さない方が楽だということに、足を置いて1時間くらいしてから気付いた。行きのバスは前の人が何も言わずに座席をズガーンと倒してきはったのでなんだか驚いてしまって、なんだか驚いているうちに「もう少し席戻してもらってもいいですか」って言う適切なタイミングを逃してしまった。私のような気弱マンは自分の状況を改善する労力(前の席の人に声を掛ける億劫さ)の方が現状で我慢する労力より大きくなってしまうので、結局何も言わずに寝た。帰りの夜行バスでは前の席の人は全然後ろに倒してこなかったので、すごく短期的に帳尻を合わせられたような気がする。あと、今すごく眠くて眠くて何書いてるのか全然わからない。カックンカックンしてる。

 

昼間に新宿で予定があったのだけれどそれ以外は特に予定もなく、雨も降ってたのでずっとサウナで過ごしていた。午前中はAKスパで午後はテルマー湯。長時間のバス移動の後で風呂に入って仮眠室みたいなところで足を伸ばして寝れるのはとにかくすごくいい。AKスパはいかにもサウナといったところだったけれど昼から行ったテルマー湯がとにかく綺麗で快適で素晴らしかった。入館料が2000円近くするのだが中に入るといやこれもっとお金取ってもいいでしょみたいな体験がある。局地的にしか伝わらない言い方をすると、高級感のあるスパワールドみたいだった。シャンプーとかボディソープとかあとお風呂上がりにつけるあれこれが多分いいやつなので美容院みたいな匂いがしてた。リラックスラウンジの快適さがとにかく素晴らしくてもう住めるやん、となった。圧倒的な居住性がそこにある。数時間で帰るのはもったいないので半日くらいいるつもりで来るべきだ。私は街中に居ると疲れやすいタチなので、都会でもしっかり足を伸ばしてゆっくりできる環境というのはそれだけでありがたい。

f:id:bamiiiii:20170322204551j:imageこんなのもあった。

 

 

私はおもしろマンなのだが(言い切る姿勢)そろそろスーパーおもしろマンになろう、との決意があったので新宿のデイリーポータルZに新人賞の持ち込みデーに行ってきた。その為にバスに乗って新宿まで来たのだ。デイリーポータルZに行くぞ、の気分だったのでいつもの感じで行ったら(角が生えているばかみたいな帽子を被っていた、すごくかわいい)デイリーポータルZニフティというちゃんとした会社だったので(知っていたけど)受付で要件を伝えて待っていると周りはいかにもみなさんビジネスマン然とした方ばかりでとにかく場違いな感がすごくて帰りたさが募った。石川さんじきじきにブログを見てもらったりお話を聞いてもらったりアドバイスを頂いたりすごく勉強になったしありがたさしかなかった。帰り際に古賀さんが大好きな話をしたらわざわざ呼んで頂いて少しお話をさせてもらった。とにかく好きな気持ちが爆発してしてしまってわー!好きです!わー!みたいな状態になった。握手もしてもらった。写真はこっぱずかしくてとても撮れなかった。なんかよくわからんプラスチックのクマのようなものを貰ったので宝物にしよう。とにかく心底ありがたかったしむちゃくちゃ浮かれてしまった。舞い上がったいたので買ったばかりの傘をなくした。こいつはなんとしてでもスーパーおもしろマンにならねばな!と決意を新たにした。 

f:id:bamiiiii:20170322204635j:imageよくわからないクマ。

 

 

あと富士そば

f:id:bamiiiii:20170322204836j:image

24時間そこそこのお値段でそこそこおいしいおそばが食べられるということは本当に素晴らしいことだと思うので関西にも進出してほしい。

 

f:id:bamiiiii:20170322205632j:image

雨の新宿はいかにも雨の新宿、といった感じで実によかったけれどお気に入りのマーチンにちゃんと防水スプレーをしていなかったので雨が少し染みてしまった。自分の怠慢で大切なものが傷むのは実によくないので反省しました。

 

とにかく実によいお出かけであった。帰って来てからの私はやってやるぞーみたいな気持ちである。しっかとやっていきましょう。

とっぴんぱらりんのぷぅ。