読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと、もっと、これから面白くなるよ。

まぁ、結局言い続けるしか無いんだけどね。

毎日毎日地獄は続くけれど、それでも希望はあるのです。

とにかく、もうこれからは、むちゃくちゃやりたいことだけをやろうぜ。

そんで、食べたいものも全部我慢せず食おうぜという感じです。

とりあえず、牛丼が美味しいく食べられるうちは生きていようと思います。

まぁ、人生はどうやら牛丼が美味しく食べられなくなってからも続くようで、それはそれはなかなかヘビーだなぁと思いますが、そこはまぁ固茹でなブルースが流れてくれりゃ、まぁ良いかなぁと思います。

 

あの時一瞬感じた希望みたいなものは、書き留めようと思っていたのにどっかに行っちゃって、なんかもうあらゆるものは気分ですーぐどっかにフワッと消えちゃうのでもうほんと儚いなぁコンチクショウめ、といった具合です。

その時感じた気持ちを書こう書こうと思うのですが、昼間感じたあの奇跡も夜になればごくごく普通の出来事になっちゃってて、明日になればその感覚が全然思い出せないのでもうほんとその場その場で書き留めないと忘れてしまうのです。Twitterはリアルタイムでは書けても140文字じゃ全然書ききれないし、だからといって10000字書ければいいってもんでもなくて、とりあえずメモ程度に書いておいてあとから読み返してもなんかもうあの感覚は失われてしまってるし、たぶんあの感覚を言語化することが僕にはできないのでしょうね。もしくは自分の中でしっかり整理していざ書こうとするとあれれとなるのであの感覚は言語化する際に失われてしまうものなのか、それともまだその感覚を表す言葉を僕が持っていないだけか、ひょっとするとただ言葉にできないことだけでうわぁーっとなってしまっているだけなのやもしれませんね。言葉にできないあの感覚が、たった「言葉にできない」って言葉でしか表せない自分の語彙の少なさ、表現力の拙さもうほんと絶望的ですよ。自分の中で起こったことを正確に言葉で表現しても結局は他人の判断に委ねるので伝わるかなんてわからないのに、そもそも正確に言葉で表現できなきゃもう伝わる訳も無いし、相変わらずコミュニケーションは幸せな勘違い以外は絶望しかねーなーと思ってとりあえず自分の為に自分の言葉を自分に向かってできるだけ正確に伝えようと思います。

 

とりあえず、朝、電車の中で読む本があるうちは楽しく生きていけます。

園子温監督のリアル鬼ごっこが映画としてはそんなに面白くなかったですが、もうほんとめちゃめちゃ笑えるシーンがあったので、それはそれで実によかったです。