とんかつとチキン南蛮。

とにかく昨日の夜、よくわからんテンションの友達から電話がかかってきて、詳しい話はよく分からないがどうやら無理らしく、私もよく分からんがお前が無理というなら無理なんだな、しょうがねえな、みたいなことを言い、とりあえず明日は朝から俺の家に来い、そんで無理なら無理なりに2人でどうするか考えよう、とりあえず3DSは忘れずに持ってこい、みたいな話をして電話を切った。

f:id:bamiiiii:20171208011224j:image

朝から友達が遊びに来るのでいつもより早起きして洗い物をしたり片付けをしたりした。部屋を掃除してる最中になぜか床にベビースターラーメンをぶちまけてしまって、ほんと意味がわからなかった。そういえば昨日も道で別の友達に偶然会ったので一緒にそのまま私の家に帰って来た。なんかそういう時期なんだろうか。せっかく私は早起きしたのに友達は寝坊したりなんかして、まぁなんかそんなもんだわなと思う。まぁとにかくモーニングの時間には間に合ったのでゆっくり朝ごはんを食べた。朝から遊ぶのは楽しくてとてもよい。大人だからやりたくねえことはやらなくていいんだよ、みたいな話をしたような気がする。そういえば凶気の桜で山口が「大人だから好き嫌いはっきりさせないとダメなんだろ」みたいなことを言っていたような気もする。

 

とりあえずそこから家でケータイの電源を切ってひたすらゲームをしたり、よくわからん感じでまたお腹が空くまでひたすら遊んでいた。ばかみたいでとてもよい。平日の昼間のこの時間に人がいるのはなんだかいつもと違う感じがあってとてもよかった。私たちはいったい何をしているんだろうなぁ、というのが根底にあり、何をしているのかはよくわからんが、まぁとにかく楽しいからいいじゃないか、みたいなことだった。

 

気付けばいい時間になってまた腹が減ったので、近所のとんかつ屋に行った。どうも楽しくなってしまってうまいうまいと言いながら(本当においしいのだけれど)ご飯もキャベツもおみそ汁までお代わりしてすげえ食べまくってしまった。ちゃんとしないといけないことせずに食う、ちょっといいめしはすごくうまいものだ、みたいな話をした。ちゃんとしていないからって、みじめな気持ちになるようなご飯を食べちゃいかんよね。人よりちゃんとしていないのに人よりいいものを食う、みたいな生活をしている私が言うので、少しは説得力があったらいいなと思う。なんだかすごく満たされた食事で、とてもよかった。写真は当然撮っていない。

 

たぶん私も友達も楽しくなってがつがつと食べ過ぎたので、家に帰ったら2人ともお腹が痛くなってしまった。私の腹痛はこれはちょっとって思うレベルで、それはそれでわりと大変だった。友達はまぁ明日からぼちぼちやりますわ、みたいな感じで帰っていった。こんな生活をしている私だからこそできることがあったりするので、まぁそんな感じで世の中がうまく回っていけばいいのになと思う。友達が帰ったので私は散歩がてらどこかにお金が落ちていないかなーとうろうろして、見つけたお金を拾って帰ったりした(比喩表現)夜は昨日思い付いた詐欺のプランをLINEで送って来た友達から、そのプランを更に詳細に詰めた内容の電話がかかってきた。どうしようもなくていいなと思う。

 

 

私はチキン南蛮がとても好きなんだけど、チキン南蛮は鶏肉に下味をつけて揚げて、更に甘酢を掛けてタルタルソースを掛けるっていうすごく高度な料理で、私にとってはもうほとんどパソコンくらいの高度な工業製品《プロダクト》 なので、だいたいチキン南蛮が食べたくなるとやよい軒などの各種定食屋に行くことになるのだ。チキン南蛮なんてあんな大変なもの、ちょっと気の利いた女の子にしか作れないものなと思っていたのだ(個人的な意見です)それが何かのレシピを見ていた時に、タルタルソースも意外と自作できることを知り(私の中ではタルタルソースも高度な工業製品なのだ、だってピクルスとか入ってるし)あれ、ひょっとしてチキン南蛮って自作できるのでは思い、さぁ前置きが長くなりました。自作CN(チキン南蛮)のコーナーです。

f:id:bamiiiii:20171208020846j:image 

さて、こちらは鳥モモ肉とつま先です。肉は一口サイズに切って揚げた方が作るのも食べるのもきっと楽なんだけど、やよい軒では切らずに大きいやつを揚げてから切ってたと思うし、それに肉は大きい方が気分が上がるのでそのままでやっていきます。自炊は気分でやっていこう。直前に落合さんのミラノ風カツレツかなんかのレシピを見ていたので、無駄に鶏肉を叩いています。

f:id:bamiiiii:20171208021436j:image

鶏肉に醤油おろしにんにく塩胡椒をします。おろし生姜は切らしてました。今回はほぼ毎回つま先が写っています。

f:id:bamiiiii:20171208021603j:image

これは、揉まれた肉とほんの少しのつま先です。

f:id:bamiiiii:20171208021730j:image

溶いた卵と小麦粉片栗粉を入れて、あとはつま先です。

f:id:bamiiiii:20171208021825j:image

馴染ませた様子です。左下に写っているのは私のつま先です。

f:id:bamiiiii:20171208022006j:image

甘酢を作ります。酢と醤油とみりんと砂糖と塩を混ぜたものを火にかけます。醤油と酢の比率がレシピによってすごい幅があるので自分がしっくりくる比率を見つけた方がよさげ。私は酸っぱいのが苦手なんだけど、これはたぶん酢が多すぎたやつ。

f:id:bamiiiii:20171208022233j:image

煮立ったら火を止めて水溶き片栗粉を入れる。あんまりどろどろにしなくていい。

f:id:bamiiiii:20171208022321j:image

粗熱が取れたら輪切り唐辛子を入れる。少し前に唐辛子は温度を上げすぎると苦味が出るのでよくないということを覚えました。

f:id:bamiiiii:20171208022535j:image

味のバランスを見て、醤油を足して甘酢完成。この時点でようやく甘酢の量が多すぎやことに気付いたけど、今更どうしようもない。とろみもついてるし。

f:id:bamiiiii:20171208022658j:image

ゆで卵と玉ねぎをみじん切り。玉ねぎを使うレシピもピクルスを使うレシピもあったので、私の家の冷蔵庫事情により今回は玉ねぎを採用しました。どうやらたくあんでもいけるらしいね。

f:id:bamiiiii:20171208022917j:image

マヨネーズ、塩胡椒、パセリ、酢を加えて、なんとなく味がいい感じになったらタルタルソースの完成。マヨネーズの質がタルタルソースの質に直結すると思うので、なるたけおいしいマヨネーズでやった方が戦えるタルタルソースができると思う。

f:id:bamiiiii:20171208023237j:image

小さめのフライパンに油を入れてちょうどいいくらいに熱します。どのくらいがちょうどいいかは全然わかってません。

f:id:bamiiiii:20171208023357j:image

肉を揚げ焼きにしていきます。直前にミラノ風カツレツのレシピを見ていたので無駄にそっちに引っ張られてるけど、油たくさん使ってちゃんと揚げた方がいいような気もします。

f:id:bamiiiii:20171208023650j:image

肉の厚みがあるので、とにかくじっくり揚げていきましょう。フライパンの大きさが鳥モモ肉にちょうどいいくらいで、それがすごくよかった。

f:id:bamiiiii:20171208023913j:image

ひっくり返したりしてじっくり揚げます。手持ちぶさただったのでスプーンで上から油をかけたりもしました。小さく切ったらすぐなのにね、とは思います。

f:id:bamiiiii:20171208024121j:image

揚げた鶏肉を甘酢にくぐらせる、みたいにレシピに書いてあったけど、こんな感じではなかったです。

f:id:bamiiiii:20171208024241j:image

とりあえずひっくり返して反対側も甘酢に漬ける。甘酢を作った鍋も鳥もも肉にちょうどいい大きさだったので、それは良かったと思う。

f:id:bamiiiii:20171208024413j:image 

皿に乗せた様子です。チキン南蛮ってこんなんだっけな、という印象。そして足。

f:id:bamiiiii:20171208024540j:image

タルタルぶっかけた様子です。チキン南蛮を自作するとタルタルソースを好きなだけかけることができるので、それはすごく夢があってとてもいい。このタルタルに卵2個使ってるしね。タルタルと肉の量がほぼ同じなの、すごく頭が悪い感じがしててよい。ナイフとフォークでいただきます。食べるとやっぱりチキン南蛮で、とてもうまくて感動する。私にもキチン南蛮を自作することができるのだ。ご飯をがつがつ食べたくなる。次からは肉は食べやすい大きさでいいかなと思う。自分で作って食べて気付いたのだけれど、チキン南蛮って揚げ物にすげえマヨネーズ付けて食べてるようなもんだから、なかなかやべえなと思う。晩ごはんに食べたんだけど翌日の昼くらいまで胃が重かった。

 

 

f:id:bamiiiii:20171208025700p:image

最近はちょっとアサガオ達が意味わかんないくらいに伸びていて、ビットコインは今夜で200万突破しそうなくらいの勢いづいててすごい。いよいよチキンレースじみてきたので、これがバーストする様子を見るのはとても楽しそうだなぁと思う。あと、どうぶつタワーバトルはレート1600台をうろうろしてます。やっとあともう少しで勝ち数が負け数を上回りそう。みなさんの人生も積んだり崩したりですかね。まぁぼちぼちやっていきましょう。

 

とっぴんぱらりんのぷぅ。

 

文化を食べるという行為。

とにかくまずは本題。

あなたにもいろいろがあるように私にもいろいろがあり、とにかくジンギスカンを食べることになった。松尾ってとこのジンギスカン。ちょっといいやつ。凍って送られてきた。

f:id:bamiiiii:20171204213457j:image

私が食べたことのあるジンギスカンは真ん中が山になったジンギスカン用の鍋で食べる焼肉っぽいやつで、どうやらそれはナマジンと呼ばれるものらしいけれど、今回のはタレに浸かってるタイプでこっちはタレジンと呼ばれるもの。タレジンは北海道ではスーパーで普通に売っているらしく、ナマジンより安価らしい。刺身とヅケみたいな感じなんだろう。

f:id:bamiiiii:20171204213831j:image

今回のテーマは北海道の家庭で食べられている雑なジンギスカンなので、雑にやる。焼くというか炒め煮みたいな感じでやる。観光に行って名物料理として食べるわけではないので、わざわざ専用の鍋を出してやるまでもなく、各家庭ではフライパンやホットプレートでやるのだ。確実に焼いたとは言えない羊肉に火が通ったものはタレの味がしっかりついていてとてもうまい。野菜も火が通って味が濃くて羊の臭いや脂が溶け込んだタレでグズグズに煮えてくると渾然一体となってうまく、とてもよい。最後に残った汁にうどんを入れて食べると、悪い味がして最高にいい。なるほど寒いところの料理だなぁという感じがする。ジンギスカンのタレはリンゴや生姜などの香りがしていてとてもうまく、なるほど安い羊肉(なんなら鮮度も良くなくて臭いやつ)をうまく食うための味、という感じがしてよい。今回の肉はどうやらちょっといいやつだったので安いやつはもっと臭いとか味がアレだったりするのだろう。北海道の人々は豚や牛をたくさん作っているのだけれどそれらは全国の人々の為の売り物なので、ジンギスカンは豊かな野菜と安い羊肉をうまく食うための料理なのだ。豊かな大地と貧しい人々。そこでは専用の鍋を使うよりも雑に鍋やホットプレートでの調理の方がリアルなはずだ。もちろんとてもおいしかったのだけれど、それよりなによりそこに物語を感じたのが最高によかった。そこには道民の物語があり、食文化があるのだ。観光地で食う上品なジンギスカンなんてリアルじゃねえ、これが本物のストリートだ、みたいな気持ちになった。いちよう道民の監修付きでやったので、私の妄言ってわけでもないのだ。私もジンパ(ジンギスカンパーティー)したい。

 

 

そういやAmazonプライムでスレース2050をみた。

ロジャー・コーマン『 デス・レース 2050』 2017/6/7 ブルーレイ&DVDリリース - YouTube

予告編見てもらったらわかるひどさ。1975年のデスレース2000のリブートらしいのだけれど、そちらは見てない。ほんとこんな作品が2016年に作られたのがおかしいし、ほんとに終わってる映画だと思う(褒めてる)車のデザインも頭が悪くて最高だし格好いい。こないだ見たジャスティスリーグバットモービルもこの車と大して変わらないのでは?みたいな気持ちになった。

 

 

すごいまだ小さい頃に見たぶりにブラッド・ピットのセブンを見た。子供の頃はただ怖かったのだけれど純粋におもしろい。映像も脚本も役者も完成度がほんとすごいよね。最近は二時間の映画は長いから90分の映画がいいと思っていたけれど、この映画の2時間の密度はすごい。ラストの方の車で移動するシーン、すごく贅沢に尺使ってた気がするけど、これでなんで全体が2時間になってるのかがわからない。すごい。ばかみたいにおもしろいし、ほんとすごいね。

 

 

あ、あとバトルロワイヤル特別編も見た。原作の方のイメージが強かったので、たけしとか桐山が転校生だったとか、そこらへんがちょっと気になった。でもまぁせっかく教師にたけし使うんならシーン追加したくもなるよね。柴崎コウはとても輝いていた。画面に字幕が出る演出は深作監督おじいちゃんだから、という気分になる。キタノがラジオ体操しているのをロングで映していたカットはちょっとすごいと思わされた。当時はいろいろ言われてたけれどまぁエンタメですね、という感想。いろいろあったのだけれどエンドロールでDragon Ashの静かな日々の階段をが流れたら、気分になって上がり切ってしまった。

 

 

そういえば、PS4でよくわからないギャルゲーの体験版をインストールしてずっと放置してたのを、何かの拍子でやったらすごかった。私もそこまでギャルゲーには詳しくないのだけれど、紙芝居と言われるように立ち絵とテキストとBGMのオーソドックスなやつなんだけど、とにかくそのシステム周りが快適すぎる。あとゲーム内容もとにかく快適すぎる。体験版だから序盤をプレイしただけなんだけど、妹とか幼馴染とかヒロインが全員最初っから主人公のこと大好きだし、ツンデレっぽいヒロインもツンが極めて弱いし、そもそも選択肢も出てこないし、こないだCROSS†CHANNELをやったばかりだからかもしれないけれど快適すぎてびびる。おかしなヒロインとか死人とか出てこない。

f:id:bamiiiii:20171204224227j:image

絵に描いたような(絵なんだけど)ラッキースケベがあったりして笑ってしまう。基本的にどっかで見たことあるようなことしか起こらない。プレイしててふと気付いたんだけど、ほとんどストレスを感じない。ここまでストレスフリーなゲーム体験は初めてかもしれない。脳も心も全く疲れない。ギレンの系譜とかギリギリでやりくりするのに疲れてちょっと放置してるんだけど、それの真逆。これずっとやってたら脳が溶けると思う。しかしこれ平和な感じの主人公が居て、周りのヒロインはみんな主人公のこと好きで、もう何のためにゲームするんだろうって思う。もうこれハッピーエンド迎えてるんじゃないの。どうやらこのゲームはエロゲーPS4の全年齢版の移植らしいので、なるほどエロシーンがあればプレイするモチベーションになるわな、と思った。

 

 

f:id:bamiiiii:20171204225142j:image

ラーメンにニンニクを頭悪いくらい入れて、ばかな味の食べ物にして食べるのすごく好き。

f:id:bamiiiii:20171204225243j:image

 運動の為に公園に歩きに行ったはずなのに、公園のベンチでピザを食べてたのは本当にもうどうしようもねえなって思った。あと、たくさんベンチがあるのにわざわざピザを食べてる私の横に座ったおじいさんはピザを食べたかったのか。食べますか?って声をかけるべきだったのか。

f:id:bamiiiii:20171204225550j:imagef:id:bamiiiii:20171204225606j:image

あと、理由は忘れたんだけどうめえロールケーキを一本まるまる食べた。確かその時はこりゃあロールケーキまるまる一本食べてしまってもしかたがねえなと思ったのだ。そう思ってしかるべき何かがあったのだ。全部忘れてロールケーキが美味しかったことと、食べ終わったらちょっとお腹が気持ち悪くなったことだけ覚えている。

 

 

だいたい金曜の夜は少女終末旅行を見て、土曜の夜はラブライブサンシャインを見て、つまり最高な週末を過ごしているのだ。少女週末旅行9話と漫画の41回が同じ日に更新だったんだけど、もう両方最高過ぎて吐きそうだった。アニメ9話はまた特殊EDだったし、1クールでもう特殊ED3回目ってどういうことだろう、意味がわかんない。すごく丁寧に描いているのが伝わる。漫画の41回はもう、当たり前だけれど40回より一回分お話が進んで、つまり終わりに一回分近くなって、もうほんとうにどうしようもない。吐きそうなくらい出来がいいんだけど、これを生み出す苦しみを想像すると怖くなる。つくみずさんどうなってるの。アニメはあと3話で、漫画の更新は年明けで、とにかく終わりまでしっかり2人と一緒に旅を続けようと思う。

 

ラブライブは放送を見逃してGYAOの配信で見たんだけど、iPhoneで見ると画面が小さいけどスクショ撮り放題だからそれはそれでいいなと思う。あと、久々にニコニコ動画(ク)でアニメを見るとコメントがたくさんあって楽しい。テレビで1人で見て、そのあとケータイでスクショ撮りながら見て、さらにニコニコで字幕と一緒に見らのもいいなと思う。

f:id:bamiiiii:20171204231128p:imagef:id:bamiiiii:20171204231137p:imagef:id:bamiiiii:20171204231146p:imagef:id:bamiiiii:20171204231157p:imagef:id:bamiiiii:20171204231223p:imagef:id:bamiiiii:20171204231203p:image

迷ったけどせっかくたくさんスクショ撮ったので貼る。この二回は函館回なのでラッキーピエロが食べたくなる。一年生の成長、とくに善子の成長が見えると私は泣いてしまう。あと、冷静にアニメキャラクターの成長を見て感動して泣いてしまうの、なかなかやべえなぁとも思う。

 

 

あとは紅茶を淹れてスコーンみたいなクッキーを食べたり、風呂屋に行ったり、スーパー銭湯に行ったり、どうぶつタワーバトルをやったり、まぁまぁとにかく人生をやっています。少し前に友達が家に遊びに来たので冷蔵庫にしばらくコカ・コーラがあったのだけれど、喉が乾いたらコーラを飲むの、趣味悪いディストピア小説みたいですげえなと思いました。よくわからんねえ香料の匂いが付いた真っ黒の炭酸入った砂糖水を喉が乾いたら飲むって完全にディストピアだと思いませんか。このように私の人生もあなたの人生もたいてい悪い冗談みたいなものです。悪いにしたって冗談なので、しょうがないから笑って、まぁまぁしっかりやっていきましょうね。

 

とっぴんぱらりんのぷぅ。 

 

映画のはなし。

さて、とりあえず映画をあれこれ見たのでまずはその感想を延々と書くことにします。

 

バットマンvsスーパーマン、ワンダーガールからの流れでようやくジャスティス・リーグが結成する流れ。とにかく私はバットマンが大好きなのでバットマンが出てるだけでだいぶんと楽しくなってしまう。MCUのみなさんと比べると全体的にコミュ障、根暗な雰囲気のメンバーをなんとかまとめようとバットマンがあたふたがんばるのがとてもいい。メンバーの中でもダントツでフィジカルが弱いし屈折しているバットマンブルース・ウェイン》がとにかく愛しい。そういえばBvsSで死んでいたスーパーマンも復活。ヘンリー・カヴィルのスーパーマン然としたビジュアルは素晴らしい。圧倒的なパワー、そして清く正しい心とバットマンとは対照的。私はバットマンとスーパーマンの対比がとにかく大好きなのだ。そしてバットマンもスーパーマンが大好き。バットマンがいろんなガジェットやメカを駆使して自暴自棄みたいな闘い方してどんどんボロボロになっていくの、本当に最高すぎる。今回のバットモービルはキャノン砲みたいなのが付いてて格好よくてよい。ストーリーは特に深く考える気にならないくらいなのもいい。フラッシュはホームカミングで参戦したスパイダーマンみたいで、浮かれた若者ぽさがかわいい。あのスピードを完全に制御できればまだまだ化けるのでは、という印象。しかしスーパーマンは同じくらいのスピードで飛ぶので相変わらずバランスブレイカーな性能っぷり。ワンダーウーマンは意外と気を使ってメンバーをつなげる役目をしていた。あとワンダーウーマンのアクションはわりといい。あとは海の荒くれ者とロボも居た。登場シーンは少ないものの新しいゴードンがとてもいいら味出している。そろそろグリーンランタン参戦するのかね。カプコンのvsシリーズのおかげである層には一定の知名度があるMARVEL側に比べて、DC側はやはり知名度が負けている感はどうしてもあるので、これからシリーズとして盛り上がってくれるといいなぁと思う。

 

ひょっとして今見返したらおもしろいのでは、と思って見返したらすごくおもしろかった。2002年公開の作品で、当時は劇場に見に行った。15年ぶり。当時としてはスタイリッシュに見えていた点とかも少しきびしく見える部分もあるんだけど、その上で今見てもすごくおもしろい。調子に乗った若者が社会に殺される話なんだけど、そもそも私は調子に乗った若者が社会に殺される話が大好きなのだ。きっとこのフォーマットが勧善懲悪型のように、私にはとてもしっくりくるのだと思う。主演の窪塚洋介が一人で1000点くらい叩き出してしまうので、これはいい点でもわるい点でもある。窪塚洋介はカレーなのでなんでも窪塚洋介味になっちゃうのだ。しかしそれだけの力を持って役者だし、あの煌めき、ヒリつきは彼にしか出せないものだと思う。あの圧倒的な説得力はなんなんだろうね、完全にイレギュラーな力だと思う。しかしそこを抜きにしてもよくできている、とても見れる。当時の私の評価は間違っていなかったのだなあと思えて、それがとてもよかった。

 

これに関してはデジモンアドベンチャーをちゃんと見てないし、先にサマーウォーズを見てしまっているので多分正しく評価をするのは難しいと思う。ただ、評価がいいのでずっと気になっていたので見たのだ。サマーウォーズがずっとぼくらのウォーゲームって言われてたのは知ってるんだけど、実際に見たら思ったよりずっともうほんとただのサマーウォーズだった。ただ、40分なので圧倒的にテンポがいい。あと、メタルグレイモンとかオープニングのButter-Flyとか、とにかく懐かしさがすごい。キャラクターの動きや画面が気持ちよく、楽しく見ていられる。

 

初日に見にいきたかったんだけど、結局一週間遅れくらい。いろいろあるんだけど、まずはゴジラの新作を(しかも日本の!)2年連続見ることができる幸せを噛み締めよう。ひょっとしたら特撮の冬の時代はついに終わったのかもしれない(それはさすがに楽観的すぎるけど)いろいろ引っかかるところはあるんだけど、今回のゴジラはギャレゴジみたいなシルエットのパワーを感じる造形。とにかく強そうで(実際すげえ強い)かっこいいゴジラが見れたらそれでいいのだ。映像は安定のポリゴン・ピクチュアズ。音響も映像も、劇場版に相応しいクオリティで見応えがある。ただシドニアBLAME!ときて今回のゴジラも映像的には似てる印象だし、次回作は決戦機動増殖都市なので、むしろ完全に弐瓶。とりあえず『決戦機動増殖都市』ってワードが強すぎる。このワードだけですげえワクワクできるし、次回作はとても楽しみ。今回にちょこっと出てきたメカゴジラは出てくるのか。今回は虚淵脚本って感じで、とにかく設定!SF!みたいな感じなのでオタクは喜ぶし私も喜ぶ。そろそろオタクって主語大き過ぎて使い勝手悪いよね。主人公がずっと怒ってて、それにちょっとついていけない感は正直あった。あと、最後のおっきいの、あれ設定では大きさ6倍らしいんだけどそれが伝わってないのはもったいないと思う。

f:id:bamiiiii:20171128173804j:image

あ、あと、アニゴジ消し貰えたのは素直に嬉しい。とりあえずガメラと並べといた。埃は気にしないでほしい。当時のやつはもーちょい大きかった気がするけど、それとも私の手が大きくなったのか。とにかく次回作が楽しみ。だって決戦機動増殖都市だもの。

 

  • おんなのこきらい

そういえば公開当時見に行こうと 思いながら行けてなかった。主演の森川葵ちゃんがかわいい。とにかく73分と上映時間が短いのがいい。120分とかだったらすげえキツかったと思う。こんなもんめんどくせえ女体験コンテンツやんって思ったけど、かわいいめんどくさい女の子を70分だけ体験できるのは、それはそれでいいと思う。ほぼノーリスクだし。これも調子に乗った若者が犬死にする話だし(そこから復活する話でもあるけど)とにかく私はやはりこのフォーマットが大好きなのだ。私の中の調子に乗った若者に犬死にして欲しいという強い気持ちは否定できない。あと、ふぇのたすってバンド?の音楽が映画の2割くらいを占めていると思うんだけど、そこに対しての感情は無なのでそれだけで2割減になってしまった。

 

私はムーミンの原作が大好きなんだけど、これも公開当時こいつはダメだみたいに思ってたんだけど、見ればなるほど見どころはあった。とにかく全く期待しなくて見たらオープニングから最高かよ!みたいに思わず声を上げてしまった。スナフキンが歩いてるムービーなんだけど、今回はフィンランド制作なので、ビジュアルが新鮮で声が出るレベル。画面作りとか色彩とか、あとキャラクターの動きや芝居が日本のアニメーションと全然違う。新鮮でとても楽しい。キャラクターの性格も日本のアニメよりは原作寄りでいい。お話もまぁキャラクターが自由に動いていて楽しそうでよかった。

 

  • 劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション

ムーミン大好きなのでこちらも一緒に見たんだけど、こちらはパペットアニメーション。コマ撮りの人形アニメなんだけど、すごくいい。ほとんど原作の1作目のムーミン谷の彗星に忠実に作られている(小さなトロールと大きな洪水が1作目とするかどうかは人による)ので、原作大好きな私はとても嬉しい。ムーミン谷の彗星は暗いトーンのお話なのだけれど、しっかりそこも再現されていてとてもよかった。あと、フローレンと呼ばれがちなムーミントロールのガールフレンドを、しっかりスノークのお嬢さんと呼んでるところもとてもよかった。スニフが全体的にダメダメな感じもとてもいいし、スナフキンとの出会いもある。少し話は逸れるのだけれど、ムーミンの原作の私の好きなところは登場人物がみんなわりとどうしようもない人たちばかりなところで、それをそのまま受け入れてくれるのがトーベ・ヤンソンの愛情なのだ。ムーミン谷=ムーミンママの話とかムーミンパパの愛すべき駄目っぷりの話はまた今度にします。映画のパペットはどれも手作り感があって可愛くてそこもよい。あと、主題歌がB jork。オープニングでBjorkの曲を聴きながらよくわからんパペットのよくわからん動きを眺めているとよくわからん気持ちになれてとてもいい。

 

  •  HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION

2回目のファイナルミッション。1回目は感情がごちゃごちゃして大変だったので、2回目は落ち着いて見ることができるのでよい。2回目の方が楽しむ心の余裕がある。ネタバレ気にせずに気付いたことを延々書く。ザム2の終わりから始まるけれど今までの説明が長い、これは全く気にならない。九龍の龍が炎を吐くシーンを見るたびに小学生の頃に好きだった剣にドラゴンが巻き付いてたキーホルダーを思い出してちょっとおもしろい。「隠蔽できるんだよ」はつい一緒に言いたくなる。コブラに蹴られてた善信さんが意外といい蹴りをするのは九龍のトップは戦ったら強いのでは?と思わせるのでよい。逃げてる人に寄り添うカットは本当にダサい。ノボルがアップになるシーン、とにかく顔面がきれい。ノボルの顔面はスクリーンいっぱいに映してもなお映える。ノボルは顔と頭がいい。不味そうなスムージーの下りとテッツの親父登場シーンは何回見ても笑ってしまう。スモーキーが死ぬことを前提として見ていると、スモーキーが死ぬ準備を丁寧にやっているのでまぁ納得はできると言えばできる。ザム1以来見ていないスモーキーのアクションシーンは確かに見たかったけど。しかしスモーキーの跡を継ぐにはタケシには華がないなぁ、一生懸命スモーキーが居ないから頑張っている感はわかるんだけど。まだユウの方が華がある。あと、ユウはとにかくよく飛ぶのがいい。平均3mくらいのとこから飛び降りてるだろこいつ。しかしスモーキーのビジュアルの説得力は圧倒的だったからなぁ、これからルードはどうなるのか。爆破セレモニーってパワーワードがとにかく引っかかったんだけど、これは九龍の人たちも政治家たちにちょっと引いちゃうって描写のためにはこれくらいのやり過ぎが必要だったのかもと思える。今回大人組のアクションシーンはてんこ盛りで、ペア替えまであるのに、若手組のアクションは少し不足。まぁこれも拳だけで解決できねえがあるからか。鬼邪高が集合してくるときにトラックの横に捕まって手振ってる村山くんはハイパーかわいい、あれはすごいぞ。今回ファイナルミッションってことで一区切りつけようとしている感があるので、いつもより言わされている感のある台詞は多め。あとストーリーがしっちゃかめっちゃか。極秘資料にTOP SECRETって書くな、馬鹿か。そういえば九龍の襲撃があった時、どこもかしこもボロボロにされてるし、人も吊るされたりしてるけど、警察は動かないのか。蘭丸よりやり過ぎてるだろ確実に。隠蔽できるとはこういうことか。ハイロー世界には確かインスタはあるので、高校が襲撃されて滅ぼされた様子とかアップしたらえらい騒ぎになるのではと思う。でも多分死人は出てないっぽい。あと爆弾コントと西郷がモグラの下りは本当に要らない、なんなのあれ。爆破セレモニーのスタンバイゲージが溜まって、そんでカウントダウンが始まって、それで結局最後にまたスイッチ押す流れの頭の悪さは好き。今回のファイナルミッションで、山王だけじゃなくてSWORDの上に琥珀さん九十九さん雨宮兄弟が居るって図式がはっきりした。琥珀さんの指示はとても雑。邪魔するやつら蹴散らせ。それで盛り上がるみんな、よい。今回達磨一家は喧嘩シーンすら無かった。いちよう事後の様子はある。むしろSWORDの祭りは毎回達磨通されてないのでは、と思わされてよい。しかし花火をバックにだ!る!ま!いっか!は笑うしかない。劉が九世龍心の息子だったり、バルジだったり、マイティがネクストステージだったり、これからがまだまだ気になる。今回は深刻なマイティ不足。ええいキリンジはいい、マイティを写せ。これからのマイティが見たいのだ。次回作はいつになるのか。ほんでハイローライブも見に行きたい。とりあえず、また落ち着いたら3回目行くかも。

 

 

とりあえずいろいろ書いたらえらい量になったので今日はこれくらいで。

 

とっぴんぱらりんのぷぅ。

1124。

さて、ようやく私も気付いたのだけれど、さてはこいつは冬だぞ。だって寒いもの。夏の暑さは対策を打たずにいるととにかく暑さにうだるだけで1日が終わっていくように、冬の寒さにも対策を打たずにいると寒さに震えて1日が終わるものなのだ。なので押入れからガスファンヒーターを出してきたり、暖かい冬着を着たり、エアコンを使ったりしている。

 

すっかり冬になり、最近は毎日人生をしている。みなさんと同じように私も人生をしているのだ。だいたい人生というものは当事者の深刻さとは関係なくはたから見るぶんには滑稽で淋しいものなので、私は毎日にへらにへらとしている。少し前にいろんな人に、周りからどう見えようとあなたが毎日大変な闘いを生き抜いてるように私の毎日も闘いなので、年末にはお互いの健闘を讃えような、みたいな話をしていたのは、我ながらいい話をしていたと思う。

 

 

最近の私は人生をしているので、人生に豊かにする1番のもの、そう猫を求めてよく公園に出掛けている。

f:id:bamiiiii:20171124170847j:image

最近は寒くなって着たし泳ぐ体力も無いので、公園を散歩するくらいの運動がちょうどいい。どうしても猫と仲良くなりたくて、ポケットに煮干しを入れて公園に出掛けた。

f:id:bamiiiii:20171124171001j:image

普段ソーシャルゲームでも無課金勢なので、やはりこの猫と仲良くなる為に煮干しという課金アイテムを持ち込むことに抵抗はあったのだけれど、さすがは課金アイテムと思わせるだけの効果があった。ふくざつなきぶん。岩合さんの猫と仲良くなるコツみたいなものを学んだ日々はなんだったのか。

f:id:bamiiiii:20171124171147j:image

おいでよどうぶつの森

f:id:bamiiiii:20171124171348j:image

人懐っこくて躍動感のある猫。

f:id:bamiiiii:20171124171424j:image

人懐っこい猫ほどたくさん餌がもらえるのかでっぷりとしているという気付きがある。

f:id:bamiiiii:20171124171922j:image

人懐っこい猫でもいつも餌をもらっているであろうおばさんが来るとそそくさとそちらの方に行ってしまう。ライト課金勢は重課金勢には敵わんのだなぁという気持ちになる。

 f:id:bamiiiii:20171124171521j:image

猫なじみのよい風景。

f:id:bamiiiii:20171124171552j:image

私は黒猫が大好きなんだけど(黒くない猫も大好きなんだけど)彼はそうでもなかったらしい。よくあることでも悲しくないわけではない。

f:id:bamiiiii:20171124171737j:image 

昔飼っていた黒猫は、家族の中でも私と一番仲が良かったことを思い出した。私も黒猫を飼っていたことがある、というだけで胸を張れるような気がする。

 

 

f:id:bamiiiii:20171124170222j:image

ついに私はゼルダの伝説をクリアした、ガノンを討伐したのだ。このゲームに対する唯一の心配ごとは、ゲームを始めて直後のあのタイトルが出る瞬間を超える瞬間が訪れることがあるのだろうか、だったのだが、とにかくその瞬間はあったのだ。クリアしてみたらクリア率は25%だったので、私はまだこの世界を4分の1しか楽しめていないらしい。世界は広く、そして深いものだなぁと思う。世界が広がっていく感覚、知らないところにいく楽しさ、私はまさに冒険をしていたのだ。とにかく素晴らしいゲームでした。まだまだ遊ぼう。

 

 

f:id:bamiiiii:20171124172203j:image

なんだか感じのいい果物屋を見つけた。気温が下がってくると水分をあまり摂らなくなるせいか喉が乾くので、果物を食べたくなる。

f:id:bamiiiii:20171124172320j:image

果物屋に行くと食事風景がこんな風になるの、ばかみたいでいいと思う。写真に写すの忘れたんだけどバナナも食べたので、ほとんどゴリラの食事だ。

f:id:bamiiiii:20171124172521j:image

果物屋で売ってたことおさつちっぷがすごくおいしかったので、これはまた買わねばと思う。ついつい手が止まらずに食べ終えてから写真を撮った。

 

 

突然ですが雑ごはんのコーナーです。小林先生のあんかけチャーハンを作った。漫画を見ながら作ったので、写真をほぼ撮り忘れた。

 f:id:bamiiiii:20171124172709j:image

これは炒められていくチャーハンです。ネギは私は好きなので入れました。

f:id:bamiiiii:20171124172832j:image

これは完成したあんです。今回は豚ミンチでやりました。もっと早い時点でチャーハンに対してあんが多すぎることに気付くべきだった。

f:id:bamiiiii:20171124172952j:image

これはほぼ炒め終わったチャーハンです。途中オイスターソースが無くなったりするハプニングがあり、心が折れかけた。ナンプラーを切らしていなかったのはえらいと思う。

f:id:bamiiiii:20171124173134j:image

あんをかけた様子です。どう見てもあんが多い。ふだんチャーハンにあんをかけないので適量がわからないし、前回も同じ失敗をしたような気もする。まぁうまけりゃいい気もする。

あと、写真も撮ってないんだけど夜中にお腹が空いて作った油揚げとホウレン草と玉ねぎとわかめと卵のお味噌汁がおいしかった。汁物は豊かな食卓の象徴だ。

 

 

f:id:bamiiiii:20171124173442p:imagef:id:bamiiiii:20171124173451p:image

そういえばFGOはクリスマス復刻イベントのボックスガチャを全部開けたら急に心が折れたので、アイテム全回収はならず。ガチャは星5礼装はぼちぼち出るけど相変わらず引きが弱いしなーと思っていたら呼符でヘラクレスちゃんが出た。育てよう。イベントばっかしてるので、二章をクリアしたところからまるで進んでいない。

 

 

f:id:bamiiiii:20171124173822j:image

 私は人生をしているので、スーパー銭湯でゆっくりしたらラーメンを食べたり、まぁなんやかんやとしている。みなさんもそうでしょう?あったかいお風呂にゆっくり浸かったり、ちょっと不健康っぽいうまいもんを腹一杯食べたり、だいたいそのように生きています。

 

 

そういえばTV版のZガンダムを最後まで見た。感受性の豊かなガキが戦場でおかしくなる話だった。なんか一言でうまいこと言いたい、みたいな欲求がトラブルの元だったりすることも多いのでみなさんも私もお互い自重していきましょう。

 

 

そういえばアニゴジが公開されてまだ見に行けていないのにジャスティスリーグも公開されてしまったので、ただただ自分のふがいなさを恥じている。とりあえず1954ゴジラを子供の時ぶりに見たら、こんなもんただの戦争映画やないか、という感想しかなかった。この場合の「ただの」は「本物の」に近い意味なんだけど、やはり一言で上手いこと言おうとするとろくなことがない。表現力がないのであればせめて言葉は尽くすべきなのだ。

 

 

f:id:bamiiiii:20171124174825p:image

私が人生をしている一方、アサガオたちはどんどんすくすく順調に育っている。相変わらず原因とか要素とかそういうものはまるでわからない。ただ成長していったり廃れていったり、その様子を眺めてそこに想いを馳せることに意味があるのだ。これが2017年からの侘び寂びstyleだ。

 

 

そういえば、先日友達が鍵を忘れて家に入らないから泊めてくれという連絡があって、鍵を忘れて家に入れない、という世界をすごく久しぶりに思い出した。それぞれの理由があり、それぞれの人生があるので、できるだけ優しくありましょうね。私も少し前に優しさが足りないと怒られたのでできるだけやっていきます。まぁまぁよしなにぼちぼちやっていこうね。

 

とっぴんぱらりんのぷぅ。

 

 

 

 

1119。

とりあえずまずは理想の商売の話をすることにする。

f:id:bamiiiii:20171119200153j:image

気付けばなんか寒くて冬っぽくなってきたので今まではアイスティーを飲んでたのだけれど、ホットコーヒーを飲むようになった。書いてみるとホットティーにすればよかったなと気付いた。コーヒーを飲むと具合が悪くなることがあるのだ。この日はモーニングを頼むとどうやらいつも付いてくるゆで卵を切らしていたらしく、次卵2個付けるから貸しといて、と言われた。値引きするでもなく過剰に謝るでもなく、そんな風に言われたので、あぁそんなことでいいんだなとなんだか私は感動してしまったのだ。

f:id:bamiiiii:20171119200936j:image

数日後のモーニングの様子。店主は覚えていたので卵を2個つけてくれた。いつもより満足感があってよい。卵が付いてなかったがっかり感より卵が2個の満足感の方が大きいので、トータルではプラスな体験だった。そういえばここの喫茶店は以前もゆで卵の時間測るの忘れてたからちゃんと茹でれてるかわからん、とか言いながら出してきたことがあった。最高かよ。これくらいの感じでやっていけるの、すごくいいなぁと思う。

 

 

f:id:bamiiiii:20171119201344j:imagef:id:bamiiiii:20171119201457j:image

ハンバーグとパフェを食べて友達と話をした。そういえば友達が少し前に誕生日だったので、ちょっとしたおいしいものとおいしそうなものを買って渡したら、おいしい紅茶を貰ったので、ようやく自分も世間のルールみたいなものを把握しつつあるな、みたいな気がして嬉しかった。あまり褒められないような話をして盛り上がっていたような気がする。

 

 

突然ですがハイローのドラマ2期の7話8話、村山轟回の話をします。すごくします。

f:id:bamiiiii:20171119202241j:image

最近テレビの画面の写真を撮ることが多く、ばかみたいでいいなと思う。轟くんは戦ってる最中でもずっと顔面がきれいなのがすごくいい。

f:id:bamiiiii:20171119202527j:image

写真撮るの忘れたけど村山くんが枝を持って歩いてるのちょーかわいいし、村山くんモノローグはなかなかなら貴重なのですごくいい。

f:id:bamiiiii:20171119202657j:image

関くんが思わず村山くんのこと呼び捨てで叫んじゃったり、そのあと村山くんにお前が頭やったらいいって言われた時のこの表情が最高。関くんは全力で村山くんが大好きなのがとてもいい。

f:id:bamiiiii:20171119202927j:image

村山くんも関くんが大好き。

f:id:bamiiiii:20171119203007j:imagef:id:bamiiiii:20171119203036j:imagef:id:bamiiiii:20171119203102j:image

あとこのシーンが完全に少女漫画。光源とか完全におかしくても画が美しければそれでいい。とにかくコブラちゃんに話を切り出す時の村山くんの手の動きとか、コブラちゃんにフラれた時の村山くんの表情とか、もうスーパー最高。

 

拳一つで成り上がる村山くんがコブラに負けてから目標を見失い、轟くんとの対決の中で俺の見たい景色は〜に繋がるの、流れが丁寧に描写されててとても最高。あと、いちごみるくの告白とか九十九さんの覚醒とかこの二話は見応えがすごい。あと、見返しててICEとセイラのすれ違い気味な関係性もすごくいいことにようやく気付いた。とにかくハイロー二期の7話と8話は何度でも見ればいい。そろそろハイローのベストが生活に必要な気がしてきた。

 

 

アーリオ・オーリオの話をします。

落合さんの本を買ったので、アーリオ・オーリオを作った雑な記録です。

 

ちゃんと作れるイタリアン

ちゃんと作れるイタリアン

 

 

そもそもペペロンチーノとアーリオ・オーリオは別のものだと思っていたら、アーリオ(ニンニク)オーリオ(油)ペペロンチーノ(トウガラシ)のことをペペロンチーノと呼んでいるらしい(諸説あります)ので、とりあえず落合さんのレシピで作ります。

f:id:bamiiiii:20171119204652j:image

ニンニクは皮を剥かないで潰すといいらしい。包丁を使うと金物臭が移るのでコップの底などで。

f:id:bamiiiii:20171119204756j:image

潰れましたね。

f:id:bamiiiii:20171119204823j:image

潰してからだと皮も剥きやすい。

f:id:bamiiiii:20171119204853j:image

オリーブオイルにニンニクを入れてから火にかける。最初は強火でいいみたい。

f:id:bamiiiii:20171119205111j:image

温まったら細かい泡が出るくらいの弱火に。ちょいちょいニンニクをひっくり返す。

f:id:bamiiiii:20171119205216j:image

ニンニクに色が付いてくるのはとても楽しい。

f:id:bamiiiii:20171119205257j:image

フォークで刺して、日がちゃんと通ってるか確認する。ホクっとしてるといいみたい。

f:id:bamiiiii:20171119205348j:image

火を止めて種を捨てたトウガラシを入れる。トウガラシは焦げると苦味が出るんですって。

f:id:bamiiiii:20171119205455j:image

横ではパスタを茹でてます。あんまり激しくグッツラグッツラ沸かすのはよくないみたい。

f:id:bamiiiii:20171119205909j:image

 バジルを入れる。これも焦がさない方がよさそう。

f:id:bamiiiii:20171119205819j:image

温度が上がり過ぎないように、火を点けたり消したりしながら大さじ一杯ずつ茹で汁を入れてフライパンを揺すって乳化。大さじ1ずつらしいんだけど面倒になっておたまで湯を入れてしまった。オイルと湯は同量。

f:id:bamiiiii:20171119205958j:image 

横着して茹で汁をおたまで入れた結果、完全に乳化に失敗しました。

f:id:bamiiiii:20171119210102j:image

パスタオンしてごく弱火で混ぜる。あと塩胡椒する。仕上げにオリーブオイルをかけて馴染ませる。

f:id:bamiiiii:20171119210222j:image

完成。パスタに対してオリーブオイルとトウガラシが多過ぎた、乳化が全然できていない、などの反省点があります。うまいけど。

f:id:bamiiiii:20171119204853j:image

反省を踏まえてやっていきましょう。数日後の様子です。もうこの瞬間にオリーブオイルが多すぎると思った。

f:id:bamiiiii:20171119205348j:image

前回よりトウガラシは少なめで。

f:id:bamiiiii:20171119205546j:image

面倒でも乳化の茹で汁は少しずつ入れよう。ペペロンチーノの乳化はわりとできるようになった気でいたんだけど、温度が上がり過ぎないように火にあまりかけないようにすると難易度が跳ね上がり、とてもたのしい。

f:id:bamiiiii:20171119210854j:image

バジルと、あとパセリも入れてみる。

f:id:bamiiiii:20171119210934j:image

こんなもんでいいのだろうか。

f:id:bamiiiii:20171119210222j:image

完成。以前よりは向上した感がある。ジャストで決まる塩の量の見極めと、あと乳化をもっとできるように、あと、オイルは思ったより少なめの方がいい。バジルをフレッシュにしたりバジルのレベルを上げるとそのまま化けそうな予感がある。とりあえずこれからも要練習。たのしい。あとミートソースも作りたい。

 

 

f:id:bamiiiii:20171119211241j:image

そういえば私はレビル将軍としてホワイトベースに乗ってメガ粒子砲をぶっ放したりしていたのだがジャブローを落とされてあっさり完全敗北してしまった。難易度を下げてまた始めからやる時の屈辱的な気分は嫌いじゃない。

f:id:bamiiiii:20171119211443j:image

最近ほんとテレビの画面をよく撮る。これは家族に目玉焼きを作る富井副部長です。美味しんぼは最近山岡さんが海原雄山にやられっぱなし。最近の海原雄山は山岡さんを頭ごなしに否定せず、なぜそのような考えたか聞いてから間違っている理由を教えてくれるので、ちょっとした理想の上司みたいになってきた。これは息子がよそで恥をかかないようにしている海原家の教育なのでは。

 

あと、Amazonプライムガルパンが追加されたので久々にガルパンおじさんと化した。劇場版もTV版もOVAも揃っているのでとてもいい。やっぱりアンツィオ高校はすごくいいしアンチョビがとにかくかわいい。

 

 

f:id:bamiiiii:20171119212123j:imagef:id:bamiiiii:20171119212142j:imagef:id:bamiiiii:20171119212158j:image

寿司を食べたり麻婆豆腐を食べたりしている。食事に30分以上時間をかけると急激に疲れてくることがわかった。最近の異常な体力の無さは急激に体重を減らしたせいかなぁと考えていたのだけれど、去年の冬も同じような状態になっていたことを教えられたのでどうやら冬が悪いみたい。

 

 

少し時間が空くと書きたいことがどんどん溜まって文章が長くなってしまうので、こまめに書こうと思う。最近の私はたぶん寒さにやられてしまっているので、しっかり対策をしていこうと思う。そこに対して対策も工夫も何もなしでやっているので、そりゃあもういいようにやられてしまっているのだと思う。暑さにやられることに対してはノータイムでエアコンのスイッチを入れて課金で対応していたのだけれど暖房はどうも好きではないので、着込むとかなんかそういう感じでやっていこう。もうみんな暖房入れてるの?寒さに負けてアニゴジを見に行けてないので、しっかり気合いを入れてやっていこうと思う。そちらさんもよしなにね。

 

とっぴんぱらりんのぷぅ。

 

1115。

ようし、今夜は早く寝るぞと思って、そうだ、今夜はブログを書くぞとも思って、さぁ、どうするかねと思いながらとりあえず今夜は書くことにする。書こう思ってからもう小一時間が過ぎた気がする。最近私の周りの時間はどうも流れ方がおかしい。久々にモモでも読み返そうかしらん。

 

 

f:id:bamiiiii:20171115005455j:image

サメのいる生活を始めたのだ。

きっと人の生活は人の数だけあるんだけど、それを大まかに分けるとサメのいる生活とサメのいない生活になり、前者の方がややスリリングで後者の方がやや穏やかなのだと思う。ぬいぐるみのサメは両方を兼ね備えているのでたぶんきっと最強なのだ。

f:id:bamiiiii:20171115005801j:image

IKEAに行ったら大量にサメが水揚げされていたので思わず買ってしまったと言うのはうそで、IKEAでサメが売っていると言う噂を聞きつけてわざわざサメを買いに行ったのだ。なんとなく抱えるのにちょうど良いサイズだし、なかなからいいサイズのサメにしてはお求めやすいお値段で売られているので、みんな買っとけーって思う。

f:id:bamiiiii:20171115010114j:image

だいたいみなさんも好きだと思うんだけど、私もクッションが大好きなのでついつい買ってしまうのだけれど気付けばソファーがクッションとサメに埋もれてしまった。どのあたりで気付けばよかったのか。適量がわからない。サメがクッションの海で泳いでいる、という風に思えばそれはそれでなんだかいい感じだと思う。今度天気のいい日に早起きでもしてクッションも洗ったり干したりなんかそういう風にちゃんとしよう。大好きだったバンドのネコのいる生活って曲を思い出した。久々に聴くとやっぱりとてもよいので私はニヤニヤしてしまう。

 

 

ハイロー3を見に行った。公開したばっかりだしネタバレの感想を書くのもよくないし、私もまだ頭が混乱しているので、少し落ち着いたらまた見に行って、それで感想を書こうと思う。ツッコミが無いままにボケが大量に流れてくるので、脳が処理しきれなくなったんだと思う。3フロアぶち抜きの長回しは見応えがあった。何を見たかは覚えてないんだけど、その時の感情は覚えている、みたいな不思議現象が起こったりした。

 

 

f:id:bamiiiii:20171115011233p:image

ばかっぽい話をしたのでかしこいっぽい話をします。よくわからないんだけどなんやかんやがあったみたいで、とにかくアサガオはすくすくと育っているみたい。数日前はビットコインが85万とかになってた気がする。よくわからんけどがんばれ、みんながんばれ。私はおかねがふえるとうれしい。

 

 

f:id:bamiiiii:20171115011554j:image

天気のいい日に出掛けたりもした。最近の私はとにかく体力が無いので異様にバテる。

f:id:bamiiiii:20171115011703j:image

大きな木を見上げたりお参りをしたりした。何回かお参りをしているうちにお参りの内容がどんどん無駄が省かれて簡潔になっていくの、こんなところにまで最適化を求めてしまう私の人間性が感じられてとてもいい。

f:id:bamiiiii:20171115011902j:image

橋を渡ったり、橋の写真を撮ったりした。いつも通りカモやコイがいた。いつもいた気がするカメがいなくて、代わりに着飾った子供たちがいた。なるほど七五三の時期らしい。私も七五三ぽいやつやったことあるんだよ、小さいころに。

f:id:bamiiiii:20171115012213j:image

なつかしい商店街は相変わらずにいい感じでよい。肉屋のコロッケがおいしい。コーヒーを飲んだり温泉に入ったりした。

 

 

f:id:bamiiiii:20171115012513j:image

PSPのギレンの系譜が300円で売ってたので思わず買ってしまった。最近オリジンもファーストも見返したところなのでタイミングがよかった。とりあえず連邦で始めたんだけど、ジオンがもうザクを作ってるのにこっちは戦車と戦闘機しかないところからスタートだし、なんかよくわかってないうちにあちこち攻め込まれるし、しかもほとんど相手の方が戦力的に上だから全国で同時多発的に撤退戦が行われるのはほんと疲れるし、そもそも宇宙なんてほぼジオンの勢力下だし、とりあえずなんとか持ち直してガンダム開発して調子乗ってレビル将軍のせたら速攻で落とされたのほんとつらかったし、資金も資源もカツカツだから全然MS作れないし外交してる余裕もないから気づいたら周りにすげー嫌われてるし、ようやく動き出したWB隊の快進撃だけが連邦の唯一の希望だから泣く泣くマチルダさんに補給に行ってもらったりして、いやもうほんとちょーたのしい。結局ジムとかボールを量産して数で押すっていうテレビ版の連邦と同じ戦略を取ることになりそうなシステム、ほんとすばらしい。とりあえずレビル将軍として連邦を勝利に導こうと思う。ソーラ・レイには気をつけよう。あれは憎しみの光だ。

 

そういえば久々にPSPつけたらガンパレードマーチやってたの思い出した。そういえばまだ二人目だった。あと20人か、こまったこまった。

 

f:id:bamiiiii:20171115013814j:image

ちょろちょろ見ているZガンダムはクワトロとアムロが再会しました。久々のアムロはまためんどくせえやつになってるのがとてもいい。Zもだいたいめんどくせえやつばっかですね。

 

 

ここ最近の私はなにかとバタバタしたりもしながらご飯を食べたりご飯以外のものを食べたり、お布団で寝たりお布団以外で寝たり、なんやかんやと生きています。だいたい少女終末旅行のことを考えているので(ユーリ派なのだけれどチトもすき)とりあえず早くケッテンクラートを見に行こうと思う。絶望と仲良く、ぼちぼちやっていこうね。

 

とっぴんぱらりんのぷぅ。

1110。

あれやこれやがなんやかんやで日々が過ぎていく。頭の中を整理するために文章を書く。振り返りにスマホの画像フォルダを見るのはかなり有効。風香もそんなこと言ってたよね。よつばと14巻は来年なのか。

 

 

f:id:bamiiiii:20171110010106j:image

なぜかわからないんだけれど、公園でダンボールで家を作って寝た。「三人寄れば文殊の知恵」と言いますが、それの悪い方が出たのだと思う。友達と3人で夜遊びをしていて、友達の家に泊まる予定が何故か公園で野宿することになった。夜中のテンションってのはやはり恐ろしいもので、もういい大人が3人居るのにダンボールで家を作ろうってなっちゃうことがあるのだ。野宿なんて本当に久しぶりだしダンボールで家を作るのなんて初めてだ。写真くらいの雑なクオリティの出来の家で寝て、2時間くらいで寒さに負けて退散した。次はもっと上手くやれると思う。11月の明け方はとても寒いし、こんなことをしているからいつまで経っても風邪が治らないのだと思う。

 

 

f:id:bamiiiii:20171110010723j:imagef:id:bamiiiii:20171110010735j:image

じりじり見ていたファーストガンダムを完走した。オリジンを見てからだとより感じるものがある。ホワイトベースが沈むのはやはり胸にくる。ひさびさファーストガンダムを見返すと、ブライト大変だなーって思うことが多い。若いのにあんなクルー達をよくまとめてるよブライトは。えらい。ブライトが過労で倒れる話、昔見た時は何も感じなかったけど、今はすごくよくわかる。映画版オリジン1〜4を改めて見るとすごくドズルとガルマに好意的に使ってるように感じる。あんなもんみんな好きになるに決まっとるだろうが。ファーストが終わったのでZガンダムを見始めた。Amazonプライム・ビデオだと主題歌がカットされているのでちょっとさみしい。

 

 

f:id:bamiiiii:20171110011435j:imagef:id:bamiiiii:20171110011420j:image

最近の私は少女終末旅行に夢中だ。私はユーリ派。マンガはちらっと読んだことがあるくらいだったけど、アニメを見たらいっぺんにハマってしまって、マンガも集めてしまった。OPもEDもすごくいいし、アニメで更に化けた感がある。終わってしまった世界はもう終わらない安心感があってよい。終わってしまった世界について話すことがあって、自分は世界は終わるものなのだという認識を持っていることを確認することができた。自分の見ている景色が2人の見ている景色と同じなのだなぁとある時に気付いて、とても腑に落ちた。つくみずさんもそんな景色を見ているのかもしれない。アニメずっと流しておきたいのだけれど、Blu-rayでも一枚で4話とかだから、結局HuluとかAmazonプライムで流すことになっちゃう。Blu-ray一枚に全話入れてくれたらずっと流しっぱなしにするのになぁと思う。ケッテンクラートにもすごく興味が出てきたので、いろいろ調べたらしてみた。とにかく燃料切れがすごく心配だったのだけれど、燃料を満タンにしたら200kmくらいは走れそう。予備タンクも搭載してるし意外となんとかなるものなのか。まぁあの世界の燃料が同じかは分からないけど。ケッテンクラート実車を展示しているところがあるらしいので近々見に行こうと思う。

 

 

f:id:bamiiiii:20171110013132j:imagef:id:bamiiiii:20171110013146j:imagef:id:bamiiiii:20171110013151j:image

私はいつも肩ロース氏(料理名)を豚バラで作るのだけれど久々にロースでやってみたらなんか微妙な結果になった。いつもやたらと焦げ付くので片栗粉の分量とか火加減とかを気にした結果、そちらは解消されたのだが味にビビってしまい、中途半端なものができた。次からは豚バラでやりすぎくらいでやろう。反省。

 

 

最近はあれこれやったりなんやかんやをハイペースに消費しているのだけれど、インプットとアウトプットのバランスがあまり良くなかったなと思う。この言い方好きじゃないんだけど。まぁ、とにかくピリッとパリッとバシッとやっていこうね。

 

とっぴんぱらりんのぷぅ。