読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんとスポーツブランドの相性の良さについて。

今日もドトールにて。

仕事帰りに武闘派ぶってジムでキックボクシングでもして汗でも流そうと思いましたが残業とかしちゃって今日はジムもういいか、みたいになっちゃいました、てへ。

遅れて行くと今日はムエタイになるんです、ムエタイ

キックボクシングはムエタイから生まれたらしいですね、まぁそれだけ。

ブログでわざわざ人の言い訳読んでる方、どんな気分ですか。書いてる方もたいした気分じゃないです。閑話休題

 

タイトルについて。

おっさんってスポーツブランド妙に似合いませんか。お洒落とかじゃなくてすごく自然に似合ってませんか。あれすげーよくないすか。キャップも自然に被ってるかんじのやつ。

お洒落オヤジが着こなしてる、みたいな感じじゃなくてごく普通のおっさん体型のお洒落じゃないおっさんが自然にスポーツブランド着てる感じ。がっつりロゴ書いてるのになんか主張がおっさんと混ざってマイルドになってるやつ。あれかっこいいって言うか、もうなんか「良い」ですよね。みたいなことを考えていました。

年を重ねることに意味を見出し続けましょう。背中で語りましょう。それこそが、それだけが大人の仕事です。僕の大好きな、僕が大変お世話になった立派な大人の方々がしてきたことです。無責任に自分のことだけ考えて生きていますが、自分の考える大人の仕事くらいはしっかり果たそうと思います。大人になるのをやめてしまってる場合じゃないだろクソかよ、と思います。

 

最近の文章から自意識が溢れ出しているこの感じ、どうなの。と思います。

個人の書く文章なので自意識はてんこ盛りで構わないのですが、むしろもっと盛ってくれよって感じですね。どうも中途半端、一番面白くなくて格好悪いやつ。

こんなものは書いた傍から黒歴史になるのだから、無責任に思い出を美化しないように、自分がどれだけくだらなかったかをしっかりと記録しておきましょう。

永遠にログが残ると思われていたインターネットもどんどん廃墟になっていきますしね。はてなにはまだまだ生き永らえて欲しいものです。いずれネット上からこの文章が消えてしまう時はいっそ全部プリントアウトしようか。文集みたいに束ねてみようか。他人の手でそんなことされたらほんと死にたくなるでしょうね。人生は実にビターで面白い。データより紙というハードの方が保存期間は長いのだろうか。パピルスはまだ現存してるの、かは少しググったけど分からなかった。chromebookで文章を書いていると気になることがあるとすぐにタブで検索できて便利。ですね。

 

どうも自分の文章の面白くなさに滅入る。少し泣きそうになる。

確かに一瞬ここにあったあれはどこにいったのかしらね。

それでも指は動き続ける、実に立派。ミスタイプが多いのは許す。

もういい大人なのにタイプがなかなかに遅いのですが、そもそもよくボールペン持ちながらキーボード打つのだけど、あれはきっと良くないと思う。そもそも入力とメモはあまり同時にすることでもないのだけれど、私はボールペンを持つのが好きなのです。ボールペンと手帳を持っているとどうも落ち着く。といか単純に好きなのです。好きなことはどんどんしましょう。よし。

 

スーパーの果物コーナーに無花果が並び始めました。

季節はどんどん移り行きますね。

スイカやなんやの食べ納めをしましょう。今年の夏は蕎麦をよく食べていたら、素麺を食べずに終えるかもしれません。とりあえず夏野菜を買い込んで山形だしを大量に仕込んで素麺にどっさり乗せて頂きましょうかね。あれは実によいものです。

ダイエットとはなんぞや、みたいなことになっています。

痩せる為に食事を減らす→たまには好きなものを食べよう→たまにしか食べないならできるだけ美味しいものを食べよう→美味しいものしか食べたくない、みたいな感じになっています。むしろ食事の質をあげようキャンペーン的な様相を呈しております。しかしまぁ、美味しいものは大量に食べずとも心が満たされるので食べる量は減る、ような気がします。まぁ美味しいものをお腹いっぱい食べるのが最強ですね。食べましょう。

 

夏が終わりつつありますが8月1日に目の前で久石譲がピアノで弾くSUMMERを聴いた奴に俺の方が最高な夏だったと胸を張って言うことができないので少し焦っています。いやもう何しても勝てなくないですか、SUMMER最強じゃないですか、生じゃなくても泣けるじゃないですか。菊次郎見返しますかね。稲川淳二の怪談ナイト行きますかね。いやでも怖いしな。もう久石譲が優勝でいいんじゃないですかね。ほんと。

 

どうでもいいいけどpatoさんはいまだにずっとあの頃のノリで現役で(numeriから多目的トイレには移動したけど)イベントまでずっとやってて、テキストサイトのあのノリを今の時代に合う形に変化させて続けている方々は居ますが、patoさんは未だにあのスタイルでもうほんと凄くないですか。patoさんがクソみたいな文章を書き続ける限り、俺たちのクソみたいなインターネットは終わらない気がします。最高ですね。大晦日のヌメリナイト、少し行くか迷っています。

 

アイスコーヒーが無くなったのでこの辺で終いにしましょう。

中村一義を聴いて帰ります。