読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せめてあなたのアイドルでありたい。

ありゃ、ありゃりゃー。昨日の分書いてないね。
あぁ、確か昨日は飲んで帰ってブログを書いて寝ようと思ったところで電話が掛かってきて、で、そんで電話を切ったらそのまま寝てしまったんだ。なるほど。そいつが悪いな。
そーなんすよほんとほんと。そいつが悪いんすよ。
まぁ責めないでやって下さい。どう考えても一番悪いのは書かずに寝た僕ですからね。そもそもブログを書かないことは悪いのかって話は置いといて。書かなきゃいけないから書く、はなんか違って。書きたいから書く、が良くて。書くって決めたから書く、は正しい気がするし。書くことがなくても書けるようになる、為に毎日書いてます。まぁ理屈をこねるな。言葉遊びに逃げるな。さぁ書け書け。とにかく書くのだ。書くことでしか見つけられない何かを見つける為に書くのだ。そんなもの見つかるかも、そもそもあるのかもわからないけど、きっとあるから見つけられるはず。そう信じて書く姿勢が美しいのです。と信じて今日も書くのです。ここまで内容のないことを書き連ねて字数稼ぎのつもりですかね。字数稼ぎと思わせてこの内容のないことを書くのが目的って寸法です。誰に対してのフェイントだよ。まったく。

僕がブログに書くことはたいてい思い付いた適当なことだから、書く直前に電話をしたり人と話したりしてその適当なことを僕から聞き出してしまうと、途端に書くことがなくなってしまうのでしょうね。今気付きました。

昨日も今日も風呂屋に行きました。
家のお風呂さんが寂しがってるかもしれん。ごめんよ。
昨日は1日餃子の満州のダブル餃子定食を食べたいと思いながら過ごしていましたので、(1日我慢していたのだけれど)結局というか案の定、晩ごはんに食べに行きました。500円で餃子2人前とご飯を食べれて幸せです。いちようダイエット中なのでご飯を大盛りにしたい気持ちは堪えました。
調味料を置いているところに味噌ダレもありますので気軽にお声掛け下さいとか書いてたんですけど、ヘタレなんで声掛けれなかったです。あんな注意書き書く人はきっと本当は欲しいのに声を掛けられない人の気持ちは分からないんだろうなぁとふと思いました。きっとこんな感じで思い違いとか争いは無くならないんだろうなと、大袈裟なことを思いました。ひょっとしたら置きっぱにするとみんなが使って減り過ぎるので、よっぽど欲しい人にのみ使ってもらうという方針なのかもしれません。どちらなのでしょう。
あ、違う違う風呂屋だ。
元職場の近くの銭湯からそういえば誕生日メールが来ていたので(メルマガに登録している)行ってきました。
そこの風呂に浸かると当時ずっと聴いてた静かなるドンが頭の中で流れ出すのですごいな、と思いました。
熱い風呂と水風呂を三往復ぐらいすると世界が回り出したのですが、いつものサウナとはまた違った回り方だったのでなるほどなぁ、と思いました。
銭湯に置いてた昔の漫画を少し読んで帰りました。

今日も風呂屋に行きました。
今日はしっかり汗水流して働いてから風呂屋に行きました。
太平の湯って素敵なとこに行きました。
サウナと水風呂を往復して、なんかホワーって頭が上に伸びて、フワーって世界がぐるぐる回る感じでした。
アルコールも薬物も無しにこの感覚はすごいすね。合法でトリップできますよ。みなさん。

体を動かして、風呂にも入って、そんならメシを食って帰らないといけないだろうって話ですよ。で、ラーメン屋。
バン麺(汁が少ないラーメンみたいなもの)初体験。
お互いダイエット中なのでチャーハンは(小)にする。
チャーハンは食べないって選択肢は無かった。です。
ご飯が美味しい。ってそれだけで幸せ。
奢ってもらって更に幸せ。ありがたい。
あ、そーいや昨日も飲み屋で奢ってもろたわ。多謝。
人の優しさとか好意とかそういう物を食べて生きてます。

昼間体を動かして汗を流して、ゆっくり風呂に入ってそのあとしっかりご飯を食べて、そんで軽くお酒でも飲んでお布団で寝たら、もうそれだけで8割くらいは幸せだと思います。人間なんてそんな高尚な存在じゃないんですよきっと。残りの2割をなんやかんやで満たして、そんでまぁ豊かな人生ってやつを手に入れてやろうと思いました。まったく関係ないのですが、最近自己紹介する時に売れないアイドルやってますって言うのが自分の中で流行ってます。全然仕事ないんですけどね〜って付け足すと売れてない感とちょっと謙虚な感じも出るのでお気に入りです。一番気に入ってるのは100%否定できないところです。アイドルはアイドルと名乗った時からアイドルとして存在し得るのです。それに誰も僕がアイドルではないと証明できませんしね。アイドル戦国時代どころじゃない。人類総アイドル時代も夢ではない。誰もが誰かのアイドルかもしれない。なんだかロマンチックですね。悪魔の証明もきっとロマンチックな話なんだよ。きっとね。

では、幸せなアイドルである為に飲みに行ってきます。
バイバーイ☆(アイドル風)