読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ観てきたよ。

興奮冷めやらぬうちに感想書いときます。

とりあえず、公開初日、仕事終わりにレイトショーで観てきました。

で、もうほんと最高でした。

シン・ゴジラ、もうほんと最高でした。

途中まで庵野わかってるな〜って思いながら見てたけど、最終的にエンドロールを観ながらありがとうしか無くなった。ただただ感謝だけがありました。

もうほんと、ありがとうとおめでとうしか無かった。26話だった。ほんと全てのチルドレンにおめでとう状態だった。庵野秀明監督、本当にありがとうございます。最高の作品でした。

もう、特撮が好きで、怪獣が好きで、本当に良かったです。特撮を、怪獣映画を語る時にお金が掛かる割に見る人が少ないから廃れたんだよ、とか自虐的なこと言ってたけど、お金をしっかり掛けて、そして多くの人が楽しめる作品になっていた。だいたいにおいて、何かをものすごく好きな人が作ると愛情が独りよがりになってしまって、好きな人しか楽しめないものが出来上がるのだけれど、今回のシン・ゴジラに於いてはその失敗は犯していませんでした。まぁこの意見自体が特撮ファンの意見なのですが。例えばパシフィック・リムは本当に素晴らしいです。ただただロボ対怪獣。ほんと、特撮ファンにとってはもうほんとご褒美みたいなものでした。でも、今回のシン・ゴジラは僕たち特撮ファンも楽しめるものであり、尚且つ特撮ファン以外の方も楽しめる(はずの)作品です。

つまり、特撮ファンである庵野監督が僕たちの大好きな特撮作品はこんなに面白いんだぜ!?ってことを世界中に証明してくれた(これからするであろう)訳で、だからこそもう感謝しかないのです。もちろんイチ怪獣映画のファンとして、最高に面白い作品を作ってくれたことに対する感謝はもちろんあります。でも、それ以上に自分の信じていたものの素晴らしさを証明して貰えて、救われたような気分でした。本当にありがとう。僕いい大人だけど怪獣好きでよかった。特撮好きで良かった。失われつつあるニッポンの職人芸としての特撮映画がまだ、ここにはありました。でもほんと予算いくらなんだろ、確かファイナルウォーズが20億円でしたね、それどころじゃないお金が掛かってますね。平成ガメラから20年、怪獣映画はここまできました。

ネタバレになることは書くのを避けますが2014ゴジラよりすっごく面白かったです2014ゴジラは今までのゴジラのセオリー通りの感はありましたが、今回は新しいモノを創りだした感ありました。自分の好きなものを新しく創り直すことの勇気とそれを成立させる実力と、ほんともう庵野監督には一生ついていきます。監督の色がすごかったけど。でも2014ゴジラのヒットありきのシン・ゴジラなので感謝を忘れずに。あと、樋口真嗣は許した。シキシマ隊長もハンジも知らない。もう忘れよう。そんなこと忘れてシン・ゴジラに夢中になろう。

 

とにかくみなさんも観たらいいと思いますよ。できるだけ大きなスクリーンで、前の方で。

僕はもっかい観に行こうと思います。IMAXのスクリーンで観てみたい。

ともかくもうほんと最高でした。今年一番とかじゃなくて、こんなレベルの怪獣映画なんてもう観れないと思ってました。みんなネタバレを避けて劇場に急ごうぜ。

ともかく、シン・ゴジラ最高でした。本当にありがとうございました。